F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

高らかに鳴り響くホンダサウンドとガスリーの雄叫び……F1ブラジルGP:注目のチームラジオ集

シェア
コメント
高らかに鳴り響くホンダサウンドとガスリーの雄叫び……F1ブラジルGP:注目のチームラジオ集
執筆:
2019/11/21 12:11

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に入ったF1第20戦ブラジルGP。その無線交信で特筆すべきものをピックアップ。

スライダー
リスト

リカルドとマグヌッセン、オープニングラップで接触

リカルドとマグヌッセン、オープニングラップで接触
1/11

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

リカルド「フロントウイングにダメージがあるかも……」

マグヌッセン「******馬鹿野郎」

クビサとフェルスタッペン、ピットレーンであわや接触!

クビサとフェルスタッペン、ピットレーンであわや接触!
2/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ウイリアムズ→クビサ「トラフィック、トラフィックだよ!(フェルスタッペンの接近を伝える)」

フェルスタッペン「あいつらは何やってるんだ?」

パワーがない! 焦るハミルトン

パワーがない! 焦るハミルトン
3/11

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

ハミルトン「頼むよみんな! バッテリーが終わったんだったら情報をくれよ!****」

やってしまった……フェラーリ“禁断の”同士討ち

やってしまった……フェラーリ“禁断の”同士討ち
4/11

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

ベッテル「パンクした! 彼は何をやってるんだ?」
ルクレール「嘘だろ? 勘弁してくれよ!」
チーム「残念だ……」
ベッテル「なんてこった!!(ドイツ語で激昂)やってくれたな!」

「ダメみたいですね……」ストロール無念のリタイア

「ダメみたいですね……」ストロール無念のリタイア
5/11

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

ストロール「フロアの下にデブリが入っちゃった! **** フロアの下に挟まった」
チーム「了解。でも大丈夫そうだ。そのまま行って、そのまま行って!」
ストロール「……いや、ダメみたいだ」
チーム「OK。安全なところにマシンを停めて」
ストロール「アアア……」

アルボン、初表彰台目前でハミルトンに……

アルボン、初表彰台目前でハミルトンに……
6/11

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

アルボン「あとコーナー3つ分****待つべきだっただろ彼は……」
チーム「ああ、そうだね。残念だ。(モードを)Fail84に……」
アルボン「ああああ!!!」

フェルスタッペン、初のポール・トゥ・ウィン!

フェルスタッペン、初のポール・トゥ・ウィン!
7/11

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

チーム「優勝だ! 君が圧倒してたよ! 今日は素敵な1日になった。素晴らしい!」
フェルスタッペン「ハハ……僕たちはチームとしてやってのけたんだ。信じられない。なんてレースだ。いやーいいね!」
ホーナー「去年のリベンジだなマックス! 素晴らしいレースだった」
フェルスタッペン「そうだね。僕たちの戦い方がこの結果につながったと思う。ハハ、ありがとう。素晴らしい1日だ」

※ホーナー:レッドブルチーム代表、クリスチャン・ホーナー

ガスリー魂の叫び!

ガスリー魂の叫び!
8/11

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

ガスリー「ウォーーー!!!! アアアーーーー!!!!」
チーム「P2、P2だよ」
ガスリー「ウォーーー!!!!」
チーム「ウォーフォー!!」
ガスリー「ウォーーー!!!!!! アアアアーーーー!!!!」
チーム「よくやったピエール」
ガスリー「ヤアアーーー! ワアア!!! 信じられないよ!……ハハ」
チーム「信じられないよ! なんて日だ! レジェンドドライバーのような走りだったよ。素晴らしい」
ガスリー「なんてこった! なんてこった……人生で最高の1日だよ」
チーム「すごいよ……」
ガスリー「みんな、ありがとう。本当にありがとう!!」
チーム「最高だな」
ガスリー「ああ最高だ! みんなも最高だ!! メルシー(ありがとう)」

スムース・オペレーション・オブ・ザ・イヤー

スムース・オペレーション・オブ・ザ・イヤー
9/11

写真:: Glenn Dunbar / Motorsport Images

チーム「イエス! よくやったP4だ! この結果を誰が想像した? 君の働きぶりは最高だよ」
サインツJr.「おお、信じられないよ!」
チーム「シナリオ1、シナリオ1だよ。信じられないドライブだった! 最後尾から4位だよ!」
サインツJr.「信じられないよ。ただそれだけだ。みんなありがとう」
サインツJr.「完璧な仕事ぶりだった。ハイリスクハイリターンだったね。素晴らしい、ありがとう。どう思う? スムーースオペレターーー♪……だったかな?」
サインツJr.、チーム「(ふたり揃って)スムーースオペレターーー♪」
サインツJr.「僕の人生の中で最もスムースなオペレーションだったよ!」
チーム「ハハハ(笑)そうだね」
※サインツJr.は繰り上がりで3位に

5位(4位)で嬉しい? 別に……

5位(4位)で嬉しい? 別に……
10/11

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

ライコネン「ああ、残念だ……」
チーム「ああ、そうだね、P5だよ(後に4位に繰り上がり)」
ライコネン「ああ、前のマシンに近付くとすごいアンダーステアだった。ついていくのは難しかったよ」
チーム「まあでも、5位だよ。素晴らしい結果じゃないか! アントニオ(ジョビナッツィ)も6位だし、チームにとっては良い結果だよ」
ライコネン「ああ……」
チーム「グッジョブ、よくやった」
ライコネン「はいはい」

アルボン、ハミルトンとの接触で初表彰台を逃す……

アルボン、ハミルトンとの接触で初表彰台を逃す……
11/11

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

チーム「君は今日素晴らしい仕事をしたよ」
ホーナー「ツイてなかったよアレックス。最後の最後でやられてしまったな」
アルボン「アアアア!! はあ……切り替えて次に行こう……嘘だろ? 正直訳わかんないよ……また後で確認しなきゃだけど……意味わかんないよ」
チーム「ああ、そうだね。今審議中になってる」
ホーナー「顔をあげてくれアレックス。君は素晴らしいレースをしたんだ」
アルボン「いやいやいや……アアア!……でもみんなありがとう。そして……とにかくおめでとう。マックスはよくやったと思う。あとトロロッソが2位になったことも良いことだね」

次の記事
フェラーリ、F1ブラジルGPで”今季初めて”レッドブルのコーナリング速度に匹敵?

前の記事

フェラーリ、F1ブラジルGPで”今季初めて”レッドブルのコーナリング速度に匹敵?

次の記事

F1マイアミGP、住民の理解得られるか。開催に向けて”目の前のハードル”クリア

F1マイアミGP、住民の理解得られるか。開催に向けて”目の前のハードル”クリア
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
執筆者 Rachit Thukral