F1 イギリスGP

フェルスタッペンとノリスの接触が、観戦券販売に苦戦していたF1イギリスGPを後押し!? 開催直前、売れ行きが急加速

F1イギリスGPの主催者は、劇的な結末に終わったオーストリアGP以降、今週末に迫った2024年F1イギリスGPの観戦チケットの売り上げが伸びていると明らかにした。

A huge crowd gathers to see Lando Norris, McLaren, 2nd position, Max Verstappen, Red Bull Racing, 1st position, Lewis Hamilton, Mercedes-AMG, 3rd position, on the podium

A huge crowd gathers to see Lando Norris, McLaren, 2nd position, Max Verstappen, Red Bull Racing, 1st position, Lewis Hamilton, Mercedes-AMG, 3rd position, on the podium

写真:: James Sutton / Motorsport Images

 今年のF1イギリスGPは、観戦チケットの販売に苦しんでおり、完売には至っていないことが報じられてきた。しかし、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とランド・ノリス(マクラーレン)が優勝争いを繰り広げる中接触し、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が優勝を掴んだF1オーストリアGP以降、販売数が伸びているという。

 昨年は3日間合計で48万人もの観客を動員したF1イギリスGP。しかし今季のチケット販売は伸び悩んでおり、グランプリ開幕直前の時点でも、まだ空席が残っている。

 この販売数が伸び悩んでいる背景には、観戦チケットの価格が高騰したことあるとされており、メルセデスのルイス・ハミルトンはこの価格設定を批判している。また、ここ数年フェルスタッペンが圧倒的な強さを発揮していることも理由のひとつだと主催者は主張していたが、フェルスタッペンはこれに反論した。

 しかし、最終的には接触という結末に終わったもののノリスがフェルスタッペンを追い詰め、そしてラッセルが勝利を手にしたオーストラリアGP以降、チケット販売数が急激に伸びているという。ノリスも、そしてラッセルもイギリス人……母国ドライバーの活躍が、チケット販売を後押ししているということもあるだろう。

 主催者は、決勝レースの観戦チケットは、完売になるだろうと予想している。しかし7月2日時点でも売れ残っている席が複数存在しており、最後の最後まで、その売れ行きに注目が集まることになりそうだ。

 

前の記事 メルセデス代表、”勝てるぞ”無線を猛省……「調子に乗ってしまった。本当に恥ずかしい」
次の記事 2021年のような“泥沼化”はごめんだ。マクラーレン代表、バトル時の規則厳格化を提唱「今回もマックスのライン変更に警告を出していれば……」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本