F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
15 時間
:
56
:
19
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

2021年、F1に訪れる新時代。マクラーレンにとっては”最適なカタチ”?

マクラーレンCEOのザク・ブラウンによれば、予算上限額が設定され、新たなコンコルド協定が施行される新時代のF1は、チームにとって最適な状況となるだろうと語る。

2021年、F1に訪れる新時代。マクラーレンにとっては”最適なカタチ”?

 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、年間の活動予算上限額が設定され、さらに各チームへの分配金がより平等になることなどが含まれるとされる新たなコンコルド協定が施行される今後のF1は、マクラーレンにとって最適なモノになるだろうと語る。

 2021年のF1は、年間のチーム活動予算の上限を設定する”ファイナンシャルレギュレーション”が導入される、史上初のシーズンとなる。いずれのチームも、今年使うことのできる予算額は1億4500万ドル(約150億円)までと定められていて、これによってチーム間の競走力の格差を縮めるという狙いがある。

 またF1チーム、F1、FIAの三者間の契約の詳細を定めた”コンコルド協定”も、今季から改訂版が施行。このコンコルド協定は、チームへの分配金額などを定めたものだが、新たな協定では各チームへの分配金額がより平等なモノになり、シリーズ全体の統治構造が変更されるなど、内容が修正されているという。

 マクラーレンは一時期低迷していたものの、ここ数年は確実に上昇。昨年はコンストラクターズランキング3位に躍進した。そしてこのファイナンシャルレギュレーションと、新たなコンコルド協定によって、さらに競争力を高められると、マクラーレンは期待しているという。

「新時代のF1は、我々の”スイートスポット”にぴったりだ」

 ブラウンCEOはそうmotorsport.comに対して語った。

「予算に上限が設けられるのは特にそうだ。我々は支出を少し削る必要があったが、巨額の資金を投じていたトップ3チームとは、削減額のレベルが違う」

「統治構造もよりよくなった。これによりF1とFIAに、より大きな力が与えられた。これは、以前の統治構造では、政治力を持つ特定チームが、議題に沿って適切な形を作ることができたためだ。その点では中立になると思う」

「分配金については、我々にとっては大きな違いはなかった。ただ、スポーツ全体の競争力を高めることになるだろう。一方で我々は今、ビッグチームになる能力を手にしているが、予算上限があるため、後方の戦いも激化している」

「前を行くチームを捕まえるという良いチャンスがあると思うが、後ろのチームにも注意を払う必要があるんだ」

 メルセデス、フェラーリ、レッドブルなどのトップチームは、今回予算上限が定められたことによって、チームの支出を大幅に削減することを強いられることになった。しかしそれ以外のチーは、以前から上限額以下の予算で活動していたため、大きな影響はなかったとも言われている。つまり予算面での差が縮まることになり、チーム間の競争力の差が縮まると期待されているのだ。

「事実上、予算上限で運営される6〜7つのチームがあるという形になるはずだ」

 そうブラウンCEOは語った。

「ただ、アルファタウリは非常に資金が豊富だ。彼らは懸命に働いているように見えるが、チームのリソースが不足しているとは思わない。また、ローレンス・ストロールは、自分のチームに多くの資金を持ち込んでいる。そして、我々と同レベルにあると思われるルノー(アルピーヌ)がいる」

「同じサイズの”バット”でプレイしていると思われる、7つのチームがあるということになるはずだ。それは素晴らしいことだと思う。将来的に優勝や2位を狙うことができる可能性が高まるというだけでなく、7チームによるレースが繰り広げられることになるということになるからだ」

「これは、このスポーツにとって良いことだ。我々が目指すべきなのは、インディカーのようなタイプのチャンピオンシップだ。最終的にチャンピオンを獲得するのは、大きなチームだろう。しかし、他のチームもレースに勝つことができるという形であるべきだ」

「そして、3回か4回勝っただけでも、チャンピオンになれるという形になれば素晴らしいね。今のように、どこかのチームが1年に14回も勝つようなモノではなくてだ」

Read Also:

シェア
コメント
目標はトップ5! アルファタウリ、僅差の中団争いを予想「空力が重要なのは変わらない」

前の記事

目標はトップ5! アルファタウリ、僅差の中団争いを予想「空力が重要なのは変わらない」

次の記事

F1チームの短い冬休み、宿題は山盛り! 予算制限や新レギュレーションにどう対応する?

F1チームの短い冬休み、宿題は山盛り! 予算制限や新レギュレーションにどう対応する?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Luke Smith