F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

流れが我々に向かなかった……母国で惨敗のメルセデス「今回のことから学ぶ」

シェア
コメント
流れが我々に向かなかった……母国で惨敗のメルセデス「今回のことから学ぶ」
執筆:
2019/07/31 3:00

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ドイツGPは悪夢のような1戦だったものの、チームはこの経験から学ぶことができると主張する。

 今年のドイツGPは、メルセデスにとって災難とも言えるレースとなった。

 ルイス・ハミルトンは、クラッシュ、長い時間がかかったピットストップ、ピットに正しく入らなかったことによるペナルティ、高速でのスピン……ありとあらゆるトラブルに見舞われ、11番手でのフィニッシュとなった。後にアルファロメオ勢2台にペナルティが科せられたため9位2ポイントを手にできたが、それでも今季最悪の結果である。

 一方ハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスは、レース終盤にターン1でスピンし、激しくクラッシュ。ランキング首位に立つハミルトンとのポイント差を縮めるどころか、むしろ広げられてしまった。

Read Also:

「誰もがかなり傷ついていると思う」

 メルセデスのトト・ウルフ代表はそう語った。

「レースが思い通りにいかなかったり、マシンを完走させることができなかったり、またはクラッシュしてしまったのならば当然そうなる。しかし我々は両方のマシンがポイント圏内に入ることができず、1台はポイント圏外でのフィニッシュ(前述の通り他車へのペナルティで9位)、1台はリタイアだった……」

「傷つくには十分な結果だったと思う。そして家やオフィスに戻る……。でも今回のような日は、我々を強くすると思う。以前もそうだった。そして自分たちのことを分析し、これまで行ってきたよりも詳しく精査していくんだ」

「今回のことは、今後我々がやろうとしていることについて議論になるだろう。我々は勝利の喜びの中で団結し、そして痛みの中で団結しているのだ」

 チーム代表を務めてきた中で、今回のレースは最悪だと思うかと尋ねられると、ウルフ代表は次のように語った。

「謙虚でい続けなければいけない。なぜなら我々は多くのレースに勝った。おそらく、80〜90レースだと思う(※実際には87勝)。そして5つのチャンピオンシップを手にした」

「そしてこれは、勝利することの喜びよりも、負けたことによる痛みの方がはるかに強烈に感じる理由だ。ただ、それだけなのだ」

「今回のことは、私の中で最悪の瞬間だったのだろうか? まず今回については、天気が我々に向かなかったと言えるだろう。そして我々の運命を100%引き寄せることはできなかった」

「昨年、我々がダブルリタイアを喫したオーストリアは、我々自身のせいだった。最悪だと感じたよ。しかし現時点では、それはただ、とても苦い思い出というだけだ」

 望んでいたような結果にはならなかったものの、チームがドイツに持ち込んだアップグレード版のエアロパッケージは、問題なく機能したとウルフ代表は語る。

「アップグレードはうまくいったと思う。データでそれは確認できている。大きなアップグレードがなされた時には、マシンのセッティング方法、そしていくつかのことの微調整など、確かに学ぶことはあるんだ」

「しかし、そのことは今回のレース結果には影響を及ぼさなかった。最初のうち、マシンは非常に速かった。しかしその後は、自分たちの行動も含め、全てのことが我々には向かなかったのだ」

Read Also:

次の記事
マッピングに問題アリ? ”最悪のスタート”原因を検証するレッドブル

前の記事

マッピングに問題アリ? ”最悪のスタート”原因を検証するレッドブル

次の記事

”霧のナイトラリー”よりも厳しい視界……生き残ったクビサ、復帰後初ポイント

”霧のナイトラリー”よりも厳しい視界……生き残ったクビサ、復帰後初ポイント
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Adam Cooper