ブランドル、有名ラッパー”メーガン・ザ・スタリオン”にインタビューを拒絶され、話題に

元F1ドライバーであり、現在はF1中継のレポーターを務めているマーティン・ブランドルは、サーキットに訪れグリッドウォークに参加する有名人とその側近には「マナーと敬意」が必要だと主張した。

ブランドル、有名ラッパー”メーガン・ザ・スタリオン”にインタビューを拒絶され、話題に

 かつてベネトンやリジェなどで活躍したマーティン・ブランドルは、F1のグリッドウォークに参加する有名人たちには、F1に対するマナーと敬意が不足していると語った。

 先日行なわれたF1アメリカGPの決勝スタート前、スカイF1の生中継に出演していたブランドルはグリッドを駆け回り、F1から招待された有名人のコメントを集めようと奔走していた。この企画は非常に高い人気を誇ってきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、長く中止されていた。しかしアメリカGPではスターティンググリッドへのアクセス制限が緩和されたため、久々に復活することになった。

 この中継の中でブランドルは、アメリカの人気ラッパーであるメーガン・ザ・スタリオンに声をかけようとした。しかし彼女のボディガードはブランドルを押し除けた。

「彼女は幸せだと思うよ……ボス、大丈夫だよ」

 押し除けられたブランドルはボディガードにそう語った後、ついにメーガン・ザ・スタリオンに声をかけることができた。そして「F1に関するラップはある?」と尋ねた。

 これについてメーガン・ザ・スタリオンは「今日はラップはやらないの。ごめんなさいね……」と応じると、ブランドルは「誰を応援する?」と続けた。しかしこの質問は、別のボディガードによって封じられることになった。

 そしてメーガン・ザ・スタリオンのスタッフはブランドルに対し「インタビューはできないことになっている」と語ったが、ブランドルは反撃。「私にはできるはずだ。これまでだってやってきたのだから」と語った。

 このグリッド上で起きた”事件”は、ソーシャルメディア上で話題になった。ファンたちは、F1を応援したり、インタビューに応じるつもりがないのなら、有名人をF1に招待すべきではないと感じたのだ。

 ブランドルも月曜日の午後に自身のツイッターを更新し、有名人に突撃するのに臆することはないとしながらも、グリッドに訪れる有名人やそのボディガードに、態度を変える必要があると語った。

「以前はグリッドでプレッシャーを感じていたものだ。皆さんがセナやプロスト、シューマッハー、マンセル、ピケ……そんな風に呼ぶ存在がいたためにね」

「初めてグリッドを訪れるボディガードの行為が、私を悩ませることはない。誰にも、すべき仕事はあるからね。でも、彼らは我々の仕事場では、いくらかマナーや尊敬を学ぶ必要があるかもしれない」

 なおブランドルは、アメリカGPのグリッド上で、メーガン・ザ・スタリオンだけでなく、テニス界のスーパースターであるセリーナ・ウイリアムズにもインタビューを無視された。

 数年前、ビーナス・ウイリアムズに無視されたブランドルは、今度はその妹に突撃したわけだが、見事返り討ちに遭った格好だ。

 これについてブランドルは、次のように語った。

「ダブルフォルト(サーブを2回続けて失敗し、相手に得点を与えてしまうこと)だね。ダブルフォルトだ」

 

 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」
前の記事

レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」

次の記事

ハミルトン勝利への”唯一の道”は先制ピットインだった? でもメルセデス「先に動く勇気はなかった」

ハミルトン勝利への”唯一の道”は先制ピットインだった? でもメルセデス「先に動く勇気はなかった」
コメントを読み込む