F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

F1インドGPの元開催地、ブッダ国際サーキットが新型コロナ対策のシェルターに

シェア
コメント
F1インドGPの元開催地、ブッダ国際サーキットが新型コロナ対策のシェルターに
執筆:
2020/04/01 3:05

インドで感染が増加しているコロナウイルスに対抗するため、ブッダ国際サーキットが一時的な検疫シェルターとして使用されている。

 2011年から2013年までF1インドGPを開催したブッダ国際サーキットが、インド国内で感染が拡大している新型コロナウイルスの検疫シェルターとして使用されている。

 13億6600万人を超える人口を抱えるインドでは最近、新型コロナウイルスの感染報告が増加しており、3月30日の時点で累計感染者数が1251人となっている。

 政府は、3月25日に3週間の国内封鎖を発表。首都デリーにいる労働者が故郷に帰ることなどで、地方に感染が拡がることを警戒している。

 ブッダ国際サーキットを含むジェイピー・スポーツシティは、4月14日に国内封鎖が終了するまで、労働者のための一時的なシェルターとして機能している。

 地元メディアの報道によると、サーキットを含む施設の中核部分は封鎖されているが、地元自治体はさらに5000人の収容ができると自信を持っているという。

 2014年にF1カレンダーからインドGPが消えて以来、ブッダ国際サーキットで開催されるレースも限られており、サーキットを所有するジェイピー・グループは長年に渡って財政難に陥っている。今回の検疫施設化は、8000万ドル(約86億円)にも及ぶ土地使用料未払いにより、1ヵ月半前に当局がトラックを封鎖したばかりの出来事だった。

 インド当局は、サーキット以外にもジャワハルラール・ネルー・スタジアムや鉄道車両を一時的なシェルターとして活用している。

 

Read Also:

次の記事
DAS、2021年以降の禁止が確実に。メルセデス、レギュレーションの改訂に同意

前の記事

DAS、2021年以降の禁止が確実に。メルセデス、レギュレーションの改訂に同意

次の記事

新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か

新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Rachit Thukral