”間違った”チェッカーに混乱続出。ベッテル「ファンの流入が不安だった」

ベッテルは、本来の規定よりも早くチェッカーフラッグが振られたことで、レース終了前にファンがコースへ出るのではないかと心配していたという。

 カナダGPで今シーズン3勝目を飾ったフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、間違ったタイミングでチェッカーフラッグが振られたことについて、レースが終わる前にファンがコース上へ入ってくることを心配していたと明かした。

 今年のカナダGPでは、地元カナダ出身のモデルであるウィニー・ハーロウがチェッカーフラッグを担当した。しかし本来レースは70周で行われるはずだったのにもかかわらず、彼女がチェッカーフラッグを振ったのはベッテルが69周を終えたタイミングのことだった。

 これについてハーロウは、”自分は指示に従った”だけだと話した。一方トップでチェッカーを受けたベッテルは、チェッカーフラッグが振られた際に、混乱を避けなければならないと無線で伝えていた。

「幸いにも僕らには無線があるし、マシンにはラップ数を数える機能がある。それにピットボードは正確だった」とベッテルは話した。

「だけどもし無線が使えなくてピットボードもなかったら、スピードを落とすだろうし、トップを走っているのなら、他のマシンもスピードを落として欲しいと願うだろうね!」

「僕はただ心配していて、最終ラップでそれを彼ら(チーム)に伝えた。僕たちはまだフルスピードで走っていたのだから、ファンはトラック上でジャンプをしたり、旗を振ったりお祝いをすることはできないんだ」

「テレビ(コース脇のスクリーン)でそれを見ていたし、チェッカーを受けた後に(スクリーンでは)”最終ラップ”と表示されていたから少し混乱していた」

「僕はチームに『レースはまだ終わっていないと思うんだけど』と伝えた。そうしたら彼らは『(レースは)終わってない。プッシュを続けて』と言ったんだ」

「でも中にはお祝いをしていたマーシャルもいた。彼らは喜びを爆発させるのが少し早かった」

 この件により、レースは68周を終えた時点で終了との扱いに。ケビン・マグヌッセン(ハース)をパスして13番手に浮上していたセルジオ・ペレス(フォースインディア)は、そのオーバーテイクが無効になり最終的な順位は14位となった。また70周目にファステストを記録したダニエル・リカルド(レッドブル)もその記録が取り消され、このレースのファステストラップはチームメイトのマックス・フェルスタッペンが65周目に記録したタイムとなった。

 さらに、キミ・ライコネン(フェラーリ)に周回遅れにされたカルロス・サインツJr.(ルノー)によれば、ライコネンはこの間違ったチェッカーフラッグを受けた後に速度を落としたのだという。

 最終的に8位でレースを終えたサインツJr.は、「キミがチェッカーフラッグを見て僕の前でスローダウンしたから、僕は4秒か5秒失った」と述べた。

「その後、彼はこれが正しいチェッカーフラッグではないと理解し、もう一度ペースを上げたんだ」

「僕がターン2に到達した時、マーシャルは皆フラッグを振っていた。僕は彼らが間違っているのだとわかっていたから、スローダウンしなかった。でも前にはキミがいたんだ」

「僕はチェッカーフラッグのことを考えていなかった。なぜなら僕はそれを見ていないし、それ(チェッカーフラッグが振られること)を予想していなかったからだ」

 また11位でレースを終えたピエール・ガスリー(トロロッソ)は、本来の予定よりも早くチェッカーフラッグが振られることは”危険”だと語った。

「ひとつのレースで2回チェッカーを受けたのはこれが初めてのことだと思う」

「何があったのか、正確にはわからないけど、僕のエンジニアからは『OK、そのことは気にするな』と言われたんだ」

「だけど、これは本当に危険なことだと思う。もし最初のチェッカーの後でアクセルを離したら、他のドライバーが自分を追い抜いてしまうからね……僕は少し驚いた」

「チームは(最初のチェッカーを受ける)5秒前にこのことを伝えてくれた。かなりギリギリのタイミングだった。彼(ガスリーのエンジニア)は僕に『次のラップが最終ラップだ』と伝えてくれた。僕はスタート/フィニッシュラインを通過してフラッグを見たときに『一体なんなんだ?』と思ったよ」

Additional reporting by Edd Straw and Oleg Karpov

 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース