F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

2020年シーズン最初のレースはカナダGPになる? 開催可否は4月中旬に決定か

シェア
コメント
2020年シーズン最初のレースはカナダGPになる? 開催可否は4月中旬に決定か
執筆:
2020/03/25 11:34

F1カナダGPのプロモーターであるフランソワ・デュモンティエは、スケジュール通り6月14日にレースを開催することに未だ楽観的であるが、延期の可能性があることも認めた。

 先日、F1第8戦アゼルバイジャンGPの開催延期が発表されたことにより、2020年シーズンのF1開幕は少なくともカナダGP(6月12日〜14日)まで遅れることとなった。

 しかし現在も新型コロナウイルスの流行が続いているため、今後の開催スケジュール、そしてカナダGPの開催の可否も不透明な状況にある。ただ、カナダGPの舞台であるジル・ビルヌーブ・サーキットは完全な常設サーキットではないものの、アゼルバイジャンGPの舞台であるバクー市街地サーキットと比較すれば、最終決定までに少し時間的な余裕がある。

 カナダGPのプロモーターであるフランソワ・デュモンティエは、関係各所と話し合いを行なっていると話す。

「ご想像の通り、私はほぼ毎日F1と協議している。また、地方自治体や政府とも同様に話し合いを行なっている」

「(カナダGPは)予定通り6月14日開催となっている。我々は楽観的だが、同時に現実的でもある。グランドスタンドを建設し、本格的な準備を始めるまでにはまだ数週間ある。具体的には2、3週間といったところだろうか」

「仮に延期という決断をする場合、イースター(4月12日)の後あたりに、私とF1側の双方の合意によって決定を下す必要がある」

 またデュモンティエ曰く、地元の新型コロナウイルスに対するガイドラインの下では作業をすることができないというのが現状のようだ。

「ここケベックでは、首相から4月13日まで不急の仕事をしないよう要請されている。よって、トラックで作業を行なうことはできない。レースを主催する我々のチームは、先週から自宅勤務となっている」

「決定を下すまでには2〜3週間ある。うまくいけば予定通り開催でき、シーズン最初のレースとなるだろう。しかし同時に、延期などの様々なシナリオも想定して取り組んでいる」

 仮にカナダGPが延期となった場合、夏以降にリスケジュールされる可能性が高いが、カナダの冬の厳しさを考慮すれば、10月25日に行なわれる予定のアメリカGPよりも前に開催する必要があるだろう。

 モントリオールでのカナダGPは1978年に初開催されたが、その際は10月8日に開催された。その後数年間は9月最終週に行なわれた後、現在の6月開催に変更された。

 デュモンティエは延期された場合の日程について次のように語った。

「現時点ではいつになるか分からない。ただ我々にとって、10月中旬以降に開催することは不可能であると言える」

 なおカナダGPは政府からの多額の支援によって支えられているが、デュモンティエはそれが開催可否にいかなる影響も与えないと主張した。

「我々はイベントを開催する民間企業だ。我々は支援を受けているが、組織自体は独立している。もちろん我々は彼らと連絡を取っており、何らかの決定を下す際は足並みを揃えるだろう」

 またデュモンティエは、レースが完全に中止となる可能性についても言及した。

「F1が世界全体の状況を見る必要があることは理解しているが、このイベントが開催されないとなると、それは非常に不運なことだと言える」

「先ほど言ったように、我々は楽観的であると同時に現実的だ。1時間ごとに状況を評価する必要があるが、我々にはまだ2〜3週間ある」

「イベントを開催する場合は、ドライバー、観客、従業員の誰もが安全な環境である必要がある」

 

Read Also:

次の記事
F1オーストラリアGP、コロナで急きょ中止……”嵐の朝”をオーガーナイザー語る

前の記事

F1オーストラリアGP、コロナで急きょ中止……”嵐の朝”をオーガーナイザー語る

次の記事

ハースはF1を辞めへんで? チーム代表がオーナーとの会話で自信感じる

ハースはF1を辞めへんで? チーム代表がオーナーとの会話で自信感じる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper