F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

『広告スペースF1』"販売"は苦戦も、「関心は高まりつつある」とF1CEO主張

シェア
コメント
『広告スペースF1』"販売"は苦戦も、「関心は高まりつつある」とF1CEO主張
執筆:
2019/12/15 6:32

F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、大型スポンサー契約を結ぶことは予想よりも難しいと認めた上で、潜在的なパートナーからの関心は高まりつつあると主張した。

 2017年にリバティ・メディアがF1の商業的権利保持者に就いた時、経営層はアメリカの主要スポーツに多くの企業が参加していることと、F1の状況を比較して、過去よりも多くのシリーズスポンサーの獲得することを目標に掲げていた。

 ある情報源によると、来シーズンからは著名な企業がスポンサーに加わるという話も存在するが、これまでのところはハイネケン、DHL、ピレリ、エミレーツ航空、ロレックスの“グローバルパートナー”というコアグループに加わる企業は現れていない。

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、F1が直面した課題としてマーケティング部門の構築を挙げている。これはリバティ・メディアによって買収される前のバーニー・エクレストンが権力を握っていた時代には、存在しなかったものだ。

「我々は本当の意味でのスポンサーの集団を得られていなかったため、戸棚はほとんど空のようなものだった」と、キャリーCEOはmotorsport.comに対して語った。

「我々は何も手立てを持っていなかった。F1のストーリーを伝え、そして興奮を生み出す能力が無かったんだ」

「今では多少勢いが出てきた。観客数は増加しているし、視聴率もそうだ。我々には良質なストーリーがあり、新たな側面も手にしているんだ」

「そのストーリーを伝えることが必要であり、そのためには手段を整える必要がある。スポンサーは自分の目的に合わせたパートナーシップを望んでいるんだ。昔は壁看板が機能していたかもしれないが、今はそうではない、ということだ」

「デジタル戦略や地域最適化、バーチャル広告やファンフェスティバルなど、多様な戦略を展開する必要があった。こうしたタイプの広告の機会は、ターゲットを絞ったチャンスを生み出すものだ」

「興味を持っている(潜在的な)スポンサーからの引き合いは着実に伸びている。ただまだ忙しくはなっていない。言うまでもないが、契約するまでは取引は行なわれないものだからね」

「これまで物事を進めてきて、徐々に良くなってきているという感触があると言える。一方で数年前に計画した時よりも難しく、進んでいないことも確かだ。ただ、我々がゼロから始めたということも関係あるだろう」

 また、キャリーCEOは今も変わらずF1が潜在的なパートナーにとって良いものだという主張を崩していない。

「F1は良く知られてているスポーツだと思う。情熱的なファン、魅力的なファンを有する、ふたつと無いスポーツだ。このスポーツの性質……テクノロジーとの親和性やグローバルな側面など、他のスポーツとは異なっている」

「ますます断片化と画一化が進んでいるこの時代で、そこから“抜け出している”イベントは、当然価値が認められる。我々への関心や接触は着実に高まっていると思う」

 そうキャリーCEOは語る。ただ現在はスポンサーシップや広告費を求めている側にとっては難しい時期だと強調もしている。

「一般的に、GoogleやFacebook以外の大部分の広告業界は、TVであれ、ラジオや紙面、デジタルプレイヤーでさえも、この分野は数年前よりも厳しくなっていると思う」

Read Also:

次の記事
フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

前の記事

フェラーリ、2020年に向けエンジンを大幅変更へ。”長所と短所”の改善目指す

次の記事

新規参入チームが苦労する”だけ”のF1ではいけない「F1をより良いビジネスに」

新規参入チームが苦労する”だけ”のF1ではいけない「F1をより良いビジネスに」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper