F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
FP3 まで
17 時間
:
25
:
38
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
20 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

オーストラリアGPのような”ドタキャン”はもう許されない。イタリアGPの危機感

シェア
コメント
オーストラリアGPのような”ドタキャン”はもう許されない。イタリアGPの危機感
執筆:
協力: Franco Nugnes
2020/04/17 6:18

F1イタリアGPの主催者であるイタリア自動車クラブは、開幕戦オーストラリアGPのように、土壇場でレース開催をキャンセルするような「間違いを犯すことはもう許されない」とF1に対して警告している。

 2020年のF1開幕戦オーストラリアGPは、木曜日の夜にマクラーレンがチームスタッフのひとりが新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことを受け棄権を表明。そして金曜日のフリー走行1回目が始まる数時間前にイベント自体が中止されることになった。

 開催中止の決定が遅れたことにより、多くのファンが観戦のためにサーキット前まで詰めかけていたが、入場することすらできず帰路に就くことになった。また感染が確認されたマクラーレンのチームスタッフの濃厚接触者は、家族の元に戻るまで、メルボルンで2週間にも及ぶ自己隔離生活を送らねばならなかった。

 この事態が発生して以降、2020年のF1は、序盤9レースの中止もしくは延期を決定している。また、フランスとベルギーの両グランプリについても、両国政府が大規模イベントの実施中止期間を延長することを決断したため、予定通りの日程で開催される可能性はほとんどない。

 9月6日にモンツァで予定されているイタリアGPの主催者であるイタリア自動車クラブ(ACI)は、メルボルンで起きたようなことを繰り返すことは、F1にとって”取り返しのつかないこと”になると警告している。

「観客がすでにサーキットに訪れた後でグランプリがキャンセルされるような、オーストラリア同様の過ちを犯す余裕はもうないだろう」

 ACI会長のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニは、ガゼッタ・デロ・スポルト紙にそう語った。

「そのことはリバティ・メディアからチーム、そして現地の主催者に至るまで、関係する全ての人たちにとって失敗だった。もう一度始め、その後で強制的にストップさせられるのは、災難とも言えるだろう」

 モンツァはイタリア北部のロンバルディア州に位置している。同州はイタリアの中でも新型コロナウイルスの被害を特に大きく受けている地域であり、厳格なロックダウン措置が続けられている。ダミアーニ会長は、危機が間近に迫っていることから、F1は引き続き注意を払う必要があると主張する。

「我々は今、とても不確実な状況を経験している。現時点では慎重かつ、注意深く行動しなければならない」

 そうダミアーニ会長は付け加えた。

「今の優先順位は、グランプリを開催する国、そしてパドックにいる多くの人たちが住むイタリアやイギリスで、何が起きるのかということを理解することだ」

 ダミアーニ会長は、F1がシーズン開幕を決めた場合、各チームが2ヵ月以内にレースを開始できるほど柔軟性があることを求めている。曰く、チームはレース開始の90日前までにその旨を通知するよう求めており、そこから考えれば、9月上旬に予定されているイタリアGPの開催可否を判断する期日まで、あと僅かだということになるのだ。

「チームは90日前に(シーズン)再開の通知をするよう求めているようだ。それ(再開の通知)が7月になれば、(イタリアGPの予定通りの開催には)もう遅いということだ」

「おそらくそれは再考されることになるはずだ。おそらく、60日もあれば十分だろう」

Read Also:

次の記事
F1予算さらなる削減案に向け”建設的”な議論。しかし、最終決定には至らず

前の記事

F1予算さらなる削減案に向け”建設的”な議論。しかし、最終決定には至らず

次の記事

美しきF1マシン:「速いが脆い……鈴木亜久里、予選トップ10常連に」フットワークFA14

美しきF1マシン:「速いが脆い……鈴木亜久里、予選トップ10常連に」フットワークFA14
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Filip Cleeren