F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

トロロッソ・ホンダ、FP2で2台に相次いだトラブル。クビアト「突然電源が落ちた」

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、FP2で2台に相次いだトラブル。クビアト「突然電源が落ちた」
執筆:
2019/11/16 5:38

ブラジルGPのフリー走行2回目終盤、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがコースオフしたのは、走行中にマシンが完全にシャットダウンしたことが原因だった。

 F1ブラジルGPのフリー走行2回目は、トロロッソ・ホンダにとっては受難のセッションとなった。

 残り20分という頃、ピエール・ガスリーがマシンの後方から白煙を吹き上げてストップ。チームメイトのダニール・クビアトは、残り時間が5分という段階でコースオフし、ウォールに軽く接触してしまった。止まったクビアトのマシン後方からは炎が上がり、コースマーシャルらによる消火作業を受けた。

Read Also:

 チームとホンダはまだ問題の原因を特定できていないものの、マシンが「完全にシャットダウン」したことが、クラッシュの原因だったことを認めた。

 引き続き原因については調査が行われているものの、ガスリーもクビアトも古いパワーユニット(PU)を使っており、2日目以降には載せ替える予定だったため、今週末ふたりがペナルティを受けることはない。

「マシンの中で何かが壊れた。正確に何が原因かは分からない」

 そうクビアトは語った。

「マシンはコントロール不能になって、そして止まった。それだけだ。大きなトラブルになるとは思わないけどね」

「何かがリヤ部分でロックし、それによってマシンのコントロールを失ってしまった。マシンの全てが、すぐにシャットダウンしてしまったんだ」

 トロロッソのチーフ・レースエンジニアであるジョナサン・エドルズは、チームのメカニックには金曜日の夕方に”かなりの仕事”が残っていると語った。そしてふたりのドライバーに起きた問題により、ロングラン走行が短縮されてしまったという。

「残念ながら、ピエールはPUに問題があった。それにより、ロングランが短くなってしまった」

 そうエドルズは語った。

「その後セッション終盤には、ダニールのマシンに問題があった。マシンが完全にシャットダウンし、それが彼のスピンを引き起こしたように見える」

「全てのデータとコネクションが失われてしまったから、原因を調査する必要がある。明日までに取り組むべきことが、かなりたくさんある」

Read Also:

次の記事
【ギャラリー】ブラジルGP、歴代ウイナーを振り返る

前の記事

【ギャラリー】ブラジルGP、歴代ウイナーを振り返る

次の記事

ハミルトン、辛い幼少期乗り越える原動力となったセナに感謝「彼はスーパーマン」

ハミルトン、辛い幼少期乗り越える原動力となったセナに感謝「彼はスーパーマン」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell