F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

レッドブル代表、フェルスタッペン残留に自信「彼はチームとホンダを信じている」

シェア
コメント
レッドブル代表、フェルスタッペン残留に自信「彼はチームとホンダを信じている」
執筆:
協力: Edd Straw
2019/07/11 3:26

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、マックス・フェルスタッペンの将来が契約条項によって決まることはないと話した。

 レッドブルの代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、オーストリアGPでチームに今季初優勝をもたらしたマックス・フェルスタッペンが、レッドブルとホンダのことを心から信じていると主張した。

 フェルスタッペンはレッドブルと2020年末までの契約を結んでいるが、彼の将来についてはここ数週間で多くの推測がなされている。フェルスタッペンとレッドブルの契約にはパフォーマンス次第で契約を解除できる条項があるというのだ。

 その詳細は明らかになっていないが、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、これをチームがクリアできていないため、フェルスタッペンがチームを離れるのではないかと懸念しているとオーストリアGP前に語っていた。

Read Also:

 そのオーストリアGPでレッドブル・ホンダに勝利をもたらし、メルセデスの連勝を止めたフェルスタッペンへの注目はうなぎのぼりの状態だ。

 ホーナーは「マックスとの契約について、非常に多くの憶測がある」と話し、一種のパフォーマンス条項が存在することを実質的に認めたものの、トップチームでは標準的なやり方だと述べた。

「全てのトップドライバーの契約には、パフォーマンスに関する基準がある。おそらくフェラーリとメルセデスのドライバー契約にもそれが反映されているだろう」

「我々の考えでは、オーストリアの勝利では何も変わらない。契約書でドライバーを縛るのは、適切な関係ではない」

「マックスは、我々のプロジェクトやスキル、そしてホンダの進歩と開発を心から信じている。彼はこのチームにいることを楽しんでおり、そのポテンシャルを信じているんだ」

 ピエール・ガスリーがもっと多くのポイントを稼ぐことができれば、レッドブルはコンストラクターズランキングで2位になれるだろう。メルセデスのバルテリ・ボッタスやフェラーリのシャルル・ルクレールが、チームメイトと比べておよそ85%のポイントを獲得しているのに対し、ガスリーのポイント獲得はフェルスタッペンの34%にとどまっている。

 フェルスタッペンは今季でレッドブル所属4年目だが、毎シーズン勝利を挙げている。彼がチームにとってどれほど重要かとmotorsport.comが訊くと、ホーナーは「マックスは我々にとって大きな財産だ」と答えた。

「我々は彼に、チャンピオンシップを戦うことができるマシンを与えなければいけない」

「2019年は新しいエンジンパートナーへの移行期間であり、融合と統合を進めていく時期だ。現時点では、チーム内部の期待を上回っている」

「我々は9戦目で勝利を達成した。何度か表彰台を獲得したし、モナコでは2位になるべきだった。マックスはそのドライビングで、結果を出しているんだ」

「彼は、F1参戦5年目になるが、過去12カ月で完成したと思う。自分の肩にかかるプレッシャーへの対処という点でも非常に印象的で、そういった点でも成熟している」

 レッドブルは、2013年を最後にタイトルを獲得できていない。しかしホーナーは、F1で”最高のドライバー”であるフェルスタッペンと素晴らしいデザインチームを持つレッドブルが、メルセデスやフェラーリとの差を縮めているホンダというエンジンパートナーと共に、タイトルを獲れない理由はないと述べた。

「それ(エンジン面での不利)は、2013年以来、我々のアキレス腱になっている」

「我々にとって、2019年は進化の年になるだろう。しかし、我々の目標は2020年の初めからチャンピオン争いに加わることだ」

次の記事
ウイリアムズの”低迷”は、クビサが達成してきたことに大きな影を落とす?

前の記事

ウイリアムズの”低迷”は、クビサが達成してきたことに大きな影を落とす?

次の記事

躍進のマクラーレン、“古豪復活”には2021年からの予算制限が鍵に?

躍進のマクラーレン、“古豪復活”には2021年からの予算制限が鍵に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell