F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
00 時間
:
01
:
57
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
22 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
35 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
56 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
112 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

F1に足りないのはスペースXのワクワク? デビッド・クルサード、新規定を不安視

シェア
コメント
F1に足りないのはスペースXのワクワク? デビッド・クルサード、新規定を不安視
執筆:
2020/06/05 10:04

元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、F1が導入する新ルールについて懸念を示しており、モータースポーツの頂点という地位を失うリスクを冒すべきではないと警告した。

 F1は2021年から、スポーツの魅力をより増す為に制定されたレギュレーションへと移行する予定だ。2021年には年間の予算上限を定めた財政レギュレーションが有効となり、空力開発におけるハンディキャップシステムを導入。前年の成績上位のチームは風洞の使用時間が削減されることになった。

Read Also:

 またFIAは、ギヤボックスのような譲渡可能なコンポーネントを定めており、各チームはそれを購入することが可能だ。FIAはコスト削減を考えると、この点の重要性が増していると語っている。

 F1に予算制限を導入すること、そして標準パーツを導入することなどには、コンストラクターとしての精神に反するといった批判も関係者からは聞かれてきた。そしてそうした考えは、過去にF1を戦っていたドライバーの中にもあるようだ。

 2008年に現役を退いたデビッド・クルサードは、新たに導入される予定のレギュレーションに関して、成功した側にディスアドバンテージを加えるやり方はあまり賛同できないと語った。

「基本的に、僕が考えるF1というのは、常に決まったレギュレーションを誰もが解釈し、自分たちが使える資産を活用するチャンスがあるものだ」

 クルサードは姉妹サイトAutosportのポッドキャストでそう語った。

「だけど成功した側へのハンディキャップ、みたいなものについては少し心配している。なぜなら僕にとって、F1というのは“名前”で成功が保証されるものじゃないからだ」

「もしそうなら、F1で最も著名なフェラーリは、チャンピオンシップでもっと勝っているべきだ。でも現実はそうではない」

「今、仮に予算制限があってもまあ構わないけど、F2を見ると、どんな理由があろうとも歴史的に他のチームよりも優れたチームがまだ存在する」

「彼らは基本的に同じマシンを使っている。50万ドル以上費やされたチームもあれば、それ以下のチームもあるだろう。それは取るに足らない金額ではないけど、レースでの成功を決める物なのは明らかだ。でもそれは自分たちでシャシーやエンジン、すべてのことを設計するわけじゃない」

「だけどF1は常にその頂点に位置していて、チームはクルマの大部分の知的財産を保有してきたんだ」

Read Also:

 クルサードは実際のパフォーマンスにあからさまな影響を与えないであろう部分については、標準化しても害は無いだろうと見ている。しかし技術開発とスピードに関する観客の関心を失うことになるだろうとも語っている。

「(標準化を進めて)あまりにもインディカーのようになるとしたら……世界中のファン層はこれまでと同じ水準にはないだろう。インディカーはF1じゃなければ、宇宙のようなレースでもないからだ」

「つまり僕が言いたいのは、みんながスペースXにとてもワクワクしたのは、人を未知なる宇宙に送る“何か”を開発しているという、今になっても魔法のようなものだったからだよ」
(スペースX:アメリカの民間商用宇宙開発を手掛ける企業。5月末に史上初の民間企業による有人宇宙船の打ち上げに成功した)

「だからちょっとした“魔法”が必要なんだと思う。それで少し『F1ではどうやるんだ?』と考えた」

「標準的な予算、標準的なマシンじゃそれはできない。新しいルールもそこまで極端なものではないとわかっているけど、もし標準化しすぎたら……」

「それでも一時期はF1のブランド価値が維持してくれるだろう。でもF1よりも速いモノが出てきた時、F1は魅力を失ってしまうだろう。だってみんなは最速のクローズドサーキットレースを見たいんだ」

「F1はサーキット最速のレースという形を維持しなくちゃいけない。そしてそれはある程度のマージンが無いといけないんだ」

 

Read Also:

次の記事
FIA、F1のPU不正取り締まり強化。オイル燃焼とエネルギー回生の監視を厳格化

前の記事

FIA、F1のPU不正取り締まり強化。オイル燃焼とエネルギー回生の監視を厳格化

次の記事

メルセデス、革新的デバイスDASの開発秘話語る「FIAも完成は無理だと思ったはず」

メルセデス、革新的デバイスDASの開発秘話語る「FIAも完成は無理だと思ったはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Alex Kalinauckas