F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1昇格に黄色信号? F2参戦中のデ・フリーズ、マクラーレン育成から外れていた

シェア
コメント
F1昇格に黄色信号? F2参戦中のデ・フリーズ、マクラーレン育成から外れていた
執筆:
2019/05/07 3:20

F2に参戦中のニック・デ・フリーズが、マクラーレンF1チームのシミュレータドライバーから外れたことが明らかとなった。

 長らくマクラーレンの育成ドライバープログラムの一員だったF2ドライバーのニック・デ・フリーズだが、昨年末の時点でプログラムから外れていたことが明らかとなった。

 先週、彼の地元であるオランダメディアは、デ・フリーズがマクラーレンのシミュレータドライバーのリストから外れていると報じた。

 先日行われた世界耐久選手権(WEC)第7戦スパ6時間レースの会場に、レーシングチーム・ネーデルランド(RTN)の一員としてやってきたデ・フリーズ。motorsport.comが噂の真相を尋ねると、彼は「もうマクラーレンでシミュレータ作業はしていないんだ」と語った。

 また、マクラーレンのスポークスマンも、デ・フリーズが“昨年末に”マクラーレンチームの一員ではなくなっていたことを認めた。なお、チームの公式ウェブサイト上では、未だにデ・フリーズがセルジオ・セッテ・カマラととも育成ドライバーのリストに名を連ねているが、プロフィールは削除されており、閲覧することができなくなっている。

 デ・フリーズは現在、F2を主戦場としており、今季で3年目のシーズンを迎える。昨年はプレマ・レーシングで3勝を挙げランキング4位となり、今季はARTグランプリに移籍。バクーのレース1で2位に入るなど、現在ランキング4位につけている。

 なお、デ・フリーズはF1昇格に必要なスーパーライセンスの発給条件となる、40点以上のライセンスポイントをすでに保持している。このポイントは過去3年間の成績を基に付与されるため、今季終了後には2016年のGP3で獲得したポイントが失効するが、それは今季のF2でランキングトップ10にさえ入れば埋め合わせができる状況だ。しかし、マクラーレンからのF1デビューという可能性は極めて低くなったと言わざるを得ない。

 そして彼はWECの2018/2019シーズン第3戦から地元オランダのチームであるRTNにヤン・ラマースの後釜として加入。フリッツ・バン・イアード、ギド・ヴァン・デル・ガルデとともに、オランダ人トリオで参戦している。

 8月末に開幕するWECの2019/2020シーズンも、RTNに留まるかどうかを尋ねられたデ・フリーズは次のように言葉を返した。

「そうだね。いずれわかるさ」

次の記事
F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念

前の記事

F1にとって良くない! ハース代表、タイヤの”影響力”の大きさを懸念

次の記事

クレア・ウイリアムズ、チーム売却の噂を完全否定「私たちは諦めてはいけない」

クレア・ウイリアムズ、チーム売却の噂を完全否定「私たちは諦めてはいけない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー ニック デ・フリーズ
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jamie Klein