アロンソ、F1復帰に向けて充電完了? マネージャーが復帰の可能性を示唆

フェルナンド・アロンソは、1年間F1から離れたことで”デトックス”されており、F1復帰の準備ができていると、マネージャーのフラビオ・ブリアトーレは語った。

アロンソ、F1復帰に向けて充電完了? マネージャーが復帰の可能性を示唆

 セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱を発端とした玉突き移籍によって、ダニエル・リカルドは2021年からルノーからマクラーレンに移ることになった。ルノーのシートが空いたことで、フェルナンド・アロンソがF1に復帰するのではないかという期待が高まっている。

 新型コロナウイルスのパンデミックによる影響で、あらゆるチームの先行きは不透明な状態だが、ルノーが参戦を継続するならば、アロンソ獲得に照準を合わせる可能性は十分あるだろう。アロンソにとって、ルノーは2005年と2006年にチャンピオンを獲得した思い出のある古巣にあたる。

 2018年限りで一旦F1フル参戦を止めたアロンソだが、競争力のあるチームからF1に復帰するという可能性は除外しておらず、ルノーのシートは現状望みうる最高のシートだと言える。

 アロンソのマネージャーであるフラビオ・ブリアトーレは、アロンソのF1復帰について、ガゼッタ・デロ・スポルトに次のように語った。

「フェルナンドにはやる気がある。F1から離れた1年間で、彼は元気になった。デトックスされたんだ。私は、彼がより落ち着き、F1に戻ってくる準備ができていると考えている」

 ブリアトーレは、シャルル・ルクレールが予想以上の速さを見せつけたことで、フェラーリはベッテルについて難しい決断を迫られたと話した。

「F1では、勝つためのレシピがある。チャンピオン獲得に専念するドライバーと、ライバルから多くのポイントを奪うドライバーが必要なんだ」

「ベッテルは、非常に速い若手がチームに加入したことの犠牲となった。マクラーレンから(ルイス)ハミルトンがデビューした時(2007年)」と同じようなことが起きた。シャルルはチームを驚かせたんだ。そしてチーム内に同レベルのドライバーがふたりいれば、最終的に互いにポイントを奪い合うというリスクがある」

 ブリアトーレは、フェラーリがベッテルとの契約を延長するのではなく、カルロス・サインツJr.と契約をしたのは、ルクレールに全てを託している証拠だと述べた。

「サインツJr.は優れたドライバーであり、彼が乗っていたクルマを考えれば、2019年は素晴らしいチャンピオンシップだった」

「だが私にとって状況は明らかだ。フェラーリはルクレールに全てを賭けている。昨年も言っていたが、彼は未来のスターだ。アロンソやミハエル・シューマッハーとの共通点? 優れたドライバーだということはすぐに分かるだろう」

「ミハエルがまだ若かったベネトンの時に、彼が残した記録は覚えている。アロンソについて教えて欲しいと、ジャンカルロ・ミナルディから電話をもらったこともある。誰が特別なのかはすぐに理解できる。そして、シャルルは特別なんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
過密日程の2020年F1。タイヤの準備はどうなる……今年の選択セットは”全チーム共通”に?

前の記事

過密日程の2020年F1。タイヤの準備はどうなる……今年の選択セットは”全チーム共通”に?

次の記事

マッサ、瀕死の重傷を負った2009年ハンガリーGPの事故を振り返る

マッサ、瀕死の重傷を負った2009年ハンガリーGPの事故を振り返る
コメントを読み込む