遅いマシンはF1とは言えない! FIA、ダウンフォース削減による追い抜き増加には消極的

シェア
コメント
遅いマシンはF1とは言えない! FIA、ダウンフォース削減による追い抜き増加には消極的
執筆:
協力: Adam Cooper
2019/03/11 7:33

FIAのロス・ブラウンは、2021年に施行されるF1の新レギュレーションによって、乱流がマシンパフォーマンスに与える影響をこれまでの5分の1に軽減することを目指している。

 F1は2017年の技術規則改正によってハイダウンフォースのマシンとなり、コーナリングスピードが大幅にアップした。しかしスリップストリームについた際に、前を走るマシンが発生する乱流の影響を大きく受けてしまうため、オーバーテイクの減少という弊害を引き起こしていた。

 レースの質を高めることはF1における大きな課題であり、2019年にもフロントウイングの空力付加物を禁止するなどいくつかの技術規則の変更があったが、2021年にはさらに大きな変更が予定されている。

 昨年の9月、シンガポールで2021年のF1マシンのコンセプトが発表されたとき、FIAのスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、乱流の中でダウンフォースを80パーセント以上維持することを可能にすると話していた。

「現在のマシンで前を行くマシンの後ろについた場合、2台分の車間が空いていても50%のダウンフォースを失っている」

「我々が2021年に導入を目指しているマシンはわずか10%のパフォーマンス低下にとどまる。かなり大きな改善と言えるだろう」

 ただ、乱流による影響を正確に測ることは困難である。FIAシングルシーター部門の責任者であるニコラス・トンバジスは、前走車から15〜20メートル後方における現行マシンのダウンフォース減少を約30%と見積もっており、ブラウンの50%という推測とは異なるモノだ。

 ダウンフォースの全体的な減少は、F1における追い抜き問題解決の手段として頻繁に議論されてきた。しかし、ブラウンはこのような考えはF1に適していないとも考えている。

「互いにレースをするためには、ウイングを取り除いてメカニカルグリップに頼るべきだという意見を聞いたことがある」とブラウンは言う。

「しかし問題は、マシンが遅くなってしまうことだ。本来、F1マシンのスピードというのは息をのむようなものだ」

「我々はF1マシンのスピードを落としたくはない。我々はF1マシンが地球上で最も速く、最も印象的なマシンであることを望んでいる。それはひとえに高い空力性能によってのみ実現するのだ」

「だから我々はただ単にダウンフォースを取り除くことでこれらの問題を解決できるとは思っていない」

「我々が必要としているのは、マシンが互いに競争できるような形でのダウンフォースだ」

「オーバーテイクの増加だけが成功の尺度として用いられがちだが、接近戦やサイド・バイ・サイドの攻防も、誰もが興奮するものである」

「仮に2021年の規則改正で追い抜きの問題が解決しなかったとしても、我々はこの問題と向き合い続ける」

次の記事
F1開幕戦に向けて一言! デモラン会場でトロロッソ・ホンダのふたりに突撃インタビュー

前の記事

F1開幕戦に向けて一言! デモラン会場でトロロッソ・ホンダのふたりに突撃インタビュー

次の記事

TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年が始まる

TEAM MUGENの監督に就任。中野信治の多忙な1年が始まる
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Valentin Khorounzhiy
Be first to get
breaking news