F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

リカルド、計10秒のタイム加算ペナルティで11位降着。ガスリー繰り上がり10位

シェア
コメント
リカルド、計10秒のタイム加算ペナルティで11位降着。ガスリー繰り上がり10位
執筆:
2019/06/23 19:35

ルノーのダニエル・リカルドは、最終ラップのインシデントで2つのタイム加算ペナルティを受け、7位から11位に降着した。

 ルノーのダニエル・リカルドは、フランスGP決勝のファイナルラップにおける攻防でふたつの5秒タイム加算ペナルティを科され、7位から11位へと降着した。

 これにより7位のキミ・ライコネン(アルファロメオ)以下、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ピエール・ガスリー(レッドブル)の順位がひとつずつ繰り上がった。ガスリーは、10位となったことでノーポイントを免れた。

 この一連のインシデントは、リカルドがファイナルラップのシケイン(ターン8〜9)で、7番手を走っていたノリスにオーバーテイクを仕掛けた際のものだ。

 リカルドはノリスとのバトルでコースオフしながらも、レーシングラインに戻った。これにより、ノリスがコース外に押し出されてしまう形に。その隙にライコネンが2台の前に出てターン9を抜けるが、リカルドはアスファルトのランオフエリアを走りながら、ライコネンに並びかけターン10でライコネンをパスしたのだ。

 

 スチュワードは証拠を検討した上で、インシデントをふたつに分けて別々に検討を行うべきだと決定した。

 ひとつ目のインシデントは、リカルドが『サーキットを離れ(コースオフし)、安全ではない方法で再合流したことで、他のドライバーをコース外に出した』というものだ。

 スチュワードはこの件を次のように説明した。

「リカルドはターン8でアウト側からノリスをパスしようとした。彼は明らかにコーナーの出口でトラックを離れた。スチュワードは、彼がトラックに戻った角度は、ノリスが衝突を避けるためにコース外に出ることを強いるようなものだったと判断した」

「スチュワードは、トラックに戻る際にかなり減速し、追加でギヤを落とし、左フロントタイヤをロックさせていたという、リカルドの説明を受け入れた。彼は縁石のせいでコントロールが難しかったとも述べた」

「しかしスチュワードは、一連の出来事を踏まえた上でトラックへの合流が安全ではなかったと結論づけた。そして、彼はその後もノリスにポジションを譲らなかった」

 ふたつ目のインシデントは、リカルドが「トラックを離れたことで、他のマシンをパスするというアドバンテージを得た」というものであり、ライコネンに対するオーバーテイクを指している。

 この件について、スチュワードは次のように判断した。

「ターン8におけるノリスとのインシデントの後、ライコネンはノリスとリカルドの両方をパスした。マシンのコントロールを取り戻したリカルドは、ターン9からライコネンを追いかけ、その後オーバーテイクした」

「ライコネンはポジションを守るため、ストレートでわずかに右に動いた。しかしながら、ライコネンは、全くマシンをトラックからはみ出させなかった上、リカルドのマシンが横にいる時は全く右に動かなかった。つまり、彼はリカルドをコース外に押し出さなかった」

「リカルドはオーバーテイクを成功させるためにトラック外を走行し、オーバーテイクを完了したことでアドバンテージを得た」

「スチュワードは、ひとつ目のインシデントの延長であるかどうか検討した。しかしながら、リカルドは明らかにマシンのコントロールを取り戻しており、ノリスとの一件とは別のインシデントだと判断した」

 スチュワードによる聞き取りが行われる前、リカルドはノリスとのバトルの間、トラックに留まるためにできる限りのことをしたと語った。

「スチュワードはオンボード映像を見ると確信しているけど、僕はトラックに留まるためにできることは全てやった。輝いて見える(レーシング)ラインはグリップがあるけど、そこから外れるとマーブル(タイヤカス)がいっぱいなんだ」

「僕はベストを尽くそうとしていた。正直なところ、チームのためにもポイントを守ることができることを願っている。でも、僕としては起こったことに後悔はない。なぜならそれがラストラップで、傍観して保守的なバトルをするのは僕のスタイルじゃないからだ」

 ペナルティが出された後、リカルドは自身のツイッターに『ツイッターでの暴言を恐れている。みんなを喜ばせられたことを願っている』と投稿した。

 

 

次の記事
F1フランスGP決勝:ハミルトン、“貫禄”4連勝。ガスリー、繰り上がりで10位

前の記事

F1フランスGP決勝:ハミルトン、“貫禄”4連勝。ガスリー、繰り上がりで10位

次の記事

ペレス、ペナルティに困惑「僕はすべきことをしたのに……」

ペレス、ペナルティに困惑「僕はすべきことをしたのに……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP
サブイベント Race
ドライバー ダニエル リカルド 発売中 , キミ ライコネン 発売中 , ランド ノリス
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper