F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

「まるで溶けたチョコレートのよう」ソフトタイヤの扱いに苦しむドライバーたち

シェア
コメント
「まるで溶けたチョコレートのよう」ソフトタイヤの扱いに苦しむドライバーたち
執筆:
2019/06/23 2:55

F1ドライバーたちは、フランスGPが非常に路面温度が高く、そして様々な粗さの路面が混在しているため、ソフトタイヤは激しく、そして簡単にグレイニングを起こすと訴えている。

 今年のフランスGPには、ソフトタイヤにC4、ミディアムタイヤにC3、ハードタイヤにC2の各コンパウンドが設定された。しかしポール・リカールの路面温度が非常に高くなっているため、各ドライバーともソフトタイヤの扱いに苦しんでいる。

 ルノーのドライバーであるダニエル・リカルドは、次のように語った。

「とても扱いにくいように感じた。僕としては、ハードの方が感触が良く、ソフトはネバネバしているように感じた」

「暑い時にソフトタイヤを使うと、そうなることがある。ベタベタしているように感じるんだ。トラックに溶け込んでいくような感じで、求めるように動いてくれないんだ」

「本当にベタベタなんだよ。コースの上で溶けたチョコレートのようになってしまう」

 リカルドはソフトタイヤの感触には本当に悪い感触を得ているようで、予選前には「ハードの方が適しているかもしれない」とも語っていた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、硬めのタイヤの耐久性が優れているということ、そしてピットレーンの制限速度が通常よりも遅い60km/hに設定されたことにより、いずれのマシンも複数回のピットストップを避けることになるだろうと語る。

「長い距離を走る時には、ソフトタイヤは(燃料を多く積んだ)重いマシンを好まないだろう」

 そうハミルトンは語った。

「ひどいグレイニング(ささくれ摩耗)が簡単にできてしまう。だからそのタイヤで長く走ることになるとは思わない」

「路面温度は55〜60℃にもなる。これは、今年これまでの中で最も高い。だから、これまでよりも多くの回数のピットストップをすることができるという予想も立てられるだろう」

「しかし、その他のタイヤ(ミディアムとハード)はとてつもなく硬いから、最終的には確実に1ストップを決めてくることになるだろう」

「さらにピットレーンの制限速度は60km/hと非常に遅くなっている。誰も、ピットで27〜28秒を失いたくはないだろう。だから皆がそのタイヤで走り続けることになるはずだ」

「誰もがタイヤを長持ちさせようとするため、最もエキサイティングな戦いになるとは思っていない」

 レッドブルのピエール・ガスリーは、今回各ドライバーが苦しんでいる理由について、この温度と路面が混在していることが原因だと指摘。ピレリのマリオ・イゾラも、同様の理由を説明した。

 イゾラ曰く、ポール・リカールは3回にわたって再舗装が行われたため、サーキットに複数の異なる路面が存在していると指摘。ひとつは昨年、もうひとつはこの冬、そして最後の1回は2〜3週間前に再舗装が行われたという。

「彼らは路面にいくつかのパッチを作った。主にコーナーの中心部にね。そして、それぞれのアスファルトは全く異なっている」

 そうイゾラは語った。

「他のふたつと比較して、最も最近行われた再舗装面のグリップレベルは、非常に異なっていると感じている」

 トロロッソのアレクサンダー・アルボンは、タイヤの動きを「非常に奇妙だ」と語った。

「C4よりも別のコンパウンドの方がコースにうまく反応しているのを見ると、僕らにとっては簡単なことじゃないと言うべきだろう」

 そうアルボンは語った。

「C4は明らかにオーバーヒートしている。でも、そのタイヤのフィーリングはそれほど良くはない。最初から履いてもね」

Additional reporting by Adam Cooper and Edd Straw

Read Also:

次の記事
F1フランスGP予選:ハミルトン会心PP。フェルスタッペンが意地の4番手

前の記事

F1フランスGP予選:ハミルトン会心PP。フェルスタッペンが意地の4番手

次の記事

ボッタス、気まぐれな風に泣く。ハミルトンは“途中まで”最高のアタック

ボッタス、気まぐれな風に泣く。ハミルトンは“途中まで”最高のアタック
コメントを読み込む