DRSトラブルのヒュルケンベルグ「ルノーの信頼性は十分じゃない」

リヤウイングのトラブルにより日本GPをリタイアに終わったニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーの信頼性は十分ではないと語る。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは今シーズン、パワーユニットの信頼性に関する問題に幾度か見舞われた。さらに、モナコGPでは絶好のポジションにつけていたにもかかわらず、ギヤボックストラブルに遭遇することになった。

 ヒュルケンベルグは、日本GPでも入賞圏内を目指してハースやウイリアムズのマシンを追っていた。しかしロマン・グロージャン(ハース)を抜こうと1コーナーに突入した際、DRSが閉じないというトラブルに見舞われ、スローダウン。ピットに戻ったもののメカニックは修復することができず、リタイアせざるを得なかった。

「いつもなら、スロットルを戻すかアクティベートを解除すると、フラップは戻るんだ」

 ヒュルケンベルグはそうmotorsport.comに対して語った。

「今回の場合は、フラップが開いたままになっていた。金属製のシムが壊れ、油圧の機構も壊れてしまったんだ。それで、動かなくなってしまった」

「それは1コーナーで起きた。ちょっと変な感じがして、次のコーナーでも変な感じだった。僕は危ないと思ったんだ!」

「それから、僕はミラーを見た。すると、(フラップが)開いたままだった。セクター1は全く良くなかったし、正直言ってちょっと怖かった!」

 ヒュルケンベルグは、ルノーは信頼性に集中すべきだと語る。

「(信頼性が不足しているのは)絶対に素晴らしいことじゃない。しかし、それは僕らがすべき開発の一部分だ」

「その弱点が再び露見してしまった。マシンの信頼性は十分ではなく、パフォーマンスの面でもそうだ。僕らがしなきゃいけない仕事は、まだまだたくさんある」

 ヒュルケンベルグは、間違いなく8位で終わることができるだろうと、期待していたという。

「レースはかなりうまくいった。僕らは硬い方のコンパウンド(ソフトタイヤ)でスタートし、最初のスティントを引き延ばしたんだ。僕らはライバルたちとは逆のことをした。それはかなりうまくいったんだけど、デグナーふたつ目でミスしたせいで、レースを少し難しくしてしまった。コースオフして砂利の上を走ったことで、4秒失ってしまったんだ」

「それがなければ、僕はピットインした後、(フェリペ)マッサ(ウイリアムズ)やハース2台の前に戻ることができたかもしれない。レースでは、僕らのマシンはまずまず良かった。でもグロージャンを抜こうとした時に、DRSの問題が起きたんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース