F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

早ければ今日にも発表? オランダGP復活にフェルスタッペン「特別なモチベーションにはならないけど」

シェア
コメント
早ければ今日にも発表? オランダGP復活にフェルスタッペン「特別なモチベーションにはならないけど」
執筆:
2019/05/14 1:07

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、オランダGPがF1カレンダーに戻ってくるのは”素晴らしい”ことだろうと語る。一方フェルスタッペンは、「特別なモチベーションにはならない」と言う。

 来シーズンから、オランダGPがF1開催カレンダーに復帰する可能性が高いと言われている。もしこれが実現すれば1985年以来のオランダGPということになり、早ければ現地時間の火曜日(5月14日)にも、開催日やその他の詳細が発表されるものとみられている。

 オランダGPが復活する背景には、マックス・フェルスタッペンが大活躍しているということがある。このフェルスタッペンを起用しているレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、オランダGPの復活について次のように語った。

「我々はスペインで、フェルナンド・アロンソが絶頂だった時に同じようなことを見た。そしてオランダGPについて考えてみれば、世界中にオランダ人のファンがいる。そして、その数は増え続けているようだ」

 ホーナー代表はそうmotorpsort.comに対して語った。

「オランダGPは、フェルスタッペンの人気によって、素晴らしいモノになるだろう。F1にとっては良いことだと思う」

 オランダGPの舞台は、ザントフールドになる予定だ。しかしコースが狭すぎるために、素晴らしいレースが行われるには不十分だとの声も大きい。それについて尋ねられたホーナー代表は、次のように語った。

「モナコだって、オーバーテイクのチャンスが豊富にあるわけじゃない」

「もちろん、サーキットに関してはやるべきことがいくつかある。しかし、それ(開催復活)が発表されるなら、オランダGPは興味深いグランプリになるだろう」

「多くのファンが訪れることになると思う。だから、早めにホテルを確保することをお勧めしたいね」

 母国グランプリが復活することについて、フェルスタッペンは「それほど重要なことではない」と語る。

「というのも、スパ(フランコルシャン/ベルギーGP)もホームグランプリだ。僕はベルギー生まれだからね」

 そうフェルスタッペンは語った。

「もちろん、ザントフールドに一緒に行けるというのは素晴らしいことだ」

「でも僕にとっては、オランダGPが復帰したとしても、特別なモチベーションや何かが生まれるわけではない。あらゆるグランプリで、最善を尽くそうとしているんだ」

次の記事
トロロッソ代表、アルボンを高評価も「2020年のレッドブル昇格は時期尚早」

前の記事

トロロッソ代表、アルボンを高評価も「2020年のレッドブル昇格は時期尚早」

次の記事

もはやドライバーズ選手権ではない……ペレス、所属チームが勝敗分ける現代F1に不満

もはやドライバーズ選手権ではない……ペレス、所属チームが勝敗分ける現代F1に不満
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble