シート喪失のエリクソン「ライコネンの加入は悪い報せだった」

シェア
コメント
シート喪失のエリクソン「ライコネンの加入は悪い報せだった」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/09/28 3:00

エリクソンは、ライコネンがザウバーに移籍するというニュースが、自分の来季F1残留に悪影響を与えたのではないかと考えている。

Marcus Ericsson, Sauber on the grid
Charles Leclerc, Sauber C37 and Marcus Ericsson, Sauber C37
Marcus Ericsson, Sauber C37
Marcus Ericsson, Sauber C37
Marcus Ericsson, Sauber on drivers parade

 来季、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィを起用することが発表されたザウバー。レースシートを失うことになったマーカス・エリクソンは、ライコネンの加入が自身のチーム残留に悪影響を与えたと考えているようだ。

 ザウバーと技術的提携関係にあるフェラーリは、ザウバーのドライバー1名を指名することができると考えられていた。ザウバーのチーム代表であるフレッド・バスールは、ライコネンはチームが独自で契約したドライバーであり、フェラーリの指名とは関係ないと示唆。そのため、フェラーリの指名枠としてジョビナッツィが起用されたことになる。

 来季はザウバーのサードドライバーとなるエリクソンは、シンガポールGP前に発表されたライコネンのフェラーリ離脱、およびザウバー加入について「キミが契約にサインしたのを聞いた時は、僕にとって悪いニュースだと思った」と話した。

「でも僕はまだ期待を持っていた。アントニオが他のチームと契約をしたという情報があったからだ」

「僕と僕のマネージメントは、他のチームのことも少し検討したけど、ザウバーとの関係を継続することに決めた。その関係が重要だと思っている」

 エリクソンは現在6ポイントを獲得しておりランキング18位。現チームメイトで来季はフェラーリに昇格することが決まっているシャルル・ルクレールよりも獲得ポイントが9少ない。

 これまで91戦に出走しているエリクソンはそのうち16戦をケータハムから、残りをザウバーから出走しており、最高リザルトは8位となっている。

 エリクソンはザウバー以外にも、ウイリアムズに働きかけを行っていたとみられる。ウイリアムズは未だ来季起用するドライバーを2人とも発表しておらず、エリクソンは母国スウェーデンの企業から支援を受けれられる立場にある。

 しかしザウバーのオーナーと関係の深いエリクソンは、2020年にF1に戻るためザウバーとの関係を継続することに決めた。これは理に適った選択と言える。

「僕の目標はF1に戻ってくることだ」と彼は語った。

「2019年には無理だろうが、それ以降はカムバックのチャンスがある」

 エリクソンはレースから完全に遠ざかってしまうのを避けるため、ザウバーでのリザーブドライバーとしての役割に加え、別カテゴリーに参戦することを示唆した。ただどのカテゴリーに参戦するか、まだ適切な調査は行っていないという。

「(F1で)レースができないのは言うまでもなく残念だ。僕にとってまさにそれがやりたいことなんだ」

「僕にとっては良いニュースじゃなかった。チームとの関係を継続できて嬉しいが、僕はまだレースがしたい」

「どうにかレースを続けられるように、様々な選択肢を検討している。どんなシリーズで、どんなことができるかはまだ分からない。選択肢を検討していく必要がある」

次の F1 ニュース
レッドブル、ロシアGPは旧型PU”スペックB”使用。原因は『高度』

前の記事

レッドブル、ロシアGPは旧型PU”スペックB”使用。原因は『高度』

次の記事

F1残留危機のオコン、ストロールを擁護「彼への中傷はおかしい」

F1残留危機のオコン、ストロールを擁護「彼への中傷はおかしい」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マーカス エリクソン
チーム ザウバー
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース