エステバン・オコン、アルピーヌF1と3年契約を締結。2024年までチームに在籍、長期プロジェクトで成功目指す

エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームと新たに3年の契約を結び、2024年のシーズンまでチームに在籍することになった。

エステバン・オコン、アルピーヌF1と3年契約を締結。2024年までチームに在籍、長期プロジェクトで成功目指す

 フランス人F1ドライバーのエステバン・オコンは、アルピーヌF1チームと新たに3年契約を締結。フランスのF1チームに2024年まで在籍し、F1を戦うことが決まった。

 オコンは2019年シーズンをメルセデスのリザーブドライバーとして過ごしたが、ルノーから2020年にF1復帰。チームがアルピーヌへとリブランドされた今季は、フェルナンド・アロンソとコンビを組んでいる。

 チームやオコンにとってのホームレースであるフランスGPを前に、両者は新たに3年契約を結んだことを発表した。

 アルピーヌは発表の中で、新たな契約について「チームがオコンをスポーツ界のスターであると信じていること、そして世界選手権での成功という長期的な目標へのコミットメントを強調するものである」としている。

 オコンは、次のように述べている。

「今年以降もチームと一緒に活動できることを嬉しく思うし、アルパインとの将来を確かなものにできたことは素晴らしいことだ」

「僕がチームに参加して以来、僕たちは共に成長してきたし、今後もこの旅を続けていきたいと思っている」

「特に2022年には新しいレギュレーションが導入されるので、大きなチャレンジが待ち受けている。共に努力し、物語を続けることで、目標を達成できると確信している」

Esteban Ocon, Alpine A521

Esteban Ocon, Alpine A521

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

 2020年はチームメイトのダニエル・リカルドに圧倒されることも多かったオコンだが、シーズン終盤のサヒールGPで初の表彰台を獲得。これがターニングポイントになったのか、今季は開幕から優れたパフォーマンスを発揮。これまでのところ、予選ではアロンソに対して4勝2敗で勝ち越している。

「昨年のサヒールGPでの表彰台のことをよく思い出す。あのような特別な思い出をもっと作りたいという気持ちになる」と、オコンは付け加えた。

「次のチャプターをとても楽しみにしているが、今は今シーズンに集中し、ひとつひとつのレースを大切にしていきたいと思っている」

 アルピーヌCEOのローラン・ロッシは、「エステバンをアルピーヌファミリーの一員として迎え入れることができ、大変誇りに思っている」と語った。

「2020年にチームに加わって以来、エステバンは自信と存在感を増し、一貫して好成績を残し、チームと共にクルマの開発に貢献してきた」

「彼は若いにもかかわらず、F1での経験が豊富で、成熟度とドライビング能力の両方でポジティブな軌道に乗っている」

「彼は、現在の我々にとって強力な戦力であり、今後新しいレギュレーションへの挑戦をしていく上でも重要な存在だ。チームとブランドを次のレベルに引き上げ、長期的な目標を達成するために、エステバンにはあらゆる信頼を寄せている」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
グロージャン涙。渡航制限の影響でメルセデスとのF1テストが今年の夏に延期

前の記事

グロージャン涙。渡航制限の影響でメルセデスとのF1テストが今年の夏に延期

次の記事

ベッテル、新たなレベルに……F1での”満足度”は「勝てるかどうか」だけではない?

ベッテル、新たなレベルに……F1での”満足度”は「勝てるかどうか」だけではない?
コメントを読み込む