【訃報】エイドリアン・カンポス亡くなる。元F1ドライバーで、カンポス・レーシングのオーナー

カンポス・レーシングのオーナーでミナルディの元F1ドライバーであるエイドリアン・カンポスが60歳で亡くなった。

【訃報】エイドリアン・カンポス亡くなる。元F1ドライバーで、カンポス・レーシングのオーナー

 FIA F2選手権などにも参戦するカンポス・レーシングのオーナーで、ミナルディの元F1ドライバーのエイドリアン・カンポスが、突然の冠動脈疾患で亡くなった。60歳だった。

 長年に渡って熱心にモータースポーツ活動を行なってきたカンポスは、フェルナンド・アロンソをはじめとする多くのドライバーのキャリアを発展させる役割を果たしてきた。

 しかし1月27日、カンポス・レーシングはエイドリアン・カンポスが亡くなったと発表した。

「今日はカンポス・レーシングの歴史の中で最も悲しい日だ。我々チームのプレジデントであり創設者でもあるエイドリアン・カンポス・スニェルが我々の元を去ったのだ」

「彼の心臓は鼓動を停止した。しかし彼との記憶は、我々が彼の遺産を引き継いで戦い続ける上で原動力となるだろう……安らかに眠れ」

 突然の訃報に、多くのドライバーが悲しみの声を寄せた。

 アロンソは、自身のツイッターに若き日の写真を添え、次のように投稿した。

「モーターレースファミリーにとって最も悲しい日のひとつだ。ドライバーであり、スポーツの偉大な推進者だった。F1という夢を見させてくれてありがとう。若手たちを信じてくれてありがとう。安らかに眠ってくれ」

 カンポスでF2を戦い、代役ながらウイリアムズからF1デビューを果たしたジャック・エイトケンも次のように語っている。

「エイドリアン、安らかに眠れ。あなたはとても優しくて誠実で、競争心があって、お茶目で、賢明だった」

「あなたはいつも僕に何を言うべきかを正確に理解していた。そして、カンポスという家族を作ってくれた。優秀で才能のある人々が集まっていた。誰もがあなたを恋しく思うだろう。僕も寂しくなるよ」

 1960年にバレンシアで生まれたカンポスは、ラジコンカーのスペインチャンピオンになった後にサーキットレースに転じたという経歴の持ち主。ドイツF3などを戦った後、1986年にはヨーロッパF3000にステップアップし、同年にティレルでF1マシンをテストした。

Adrian Campos, Minardi Cosworth M188

Adrian Campos, Minardi Cosworth M188

Photo by: Sutton Images

 翌1987年にはミナルディからF1デビュー。しかしミナルディM187に搭載されたモトーリ・モデルニのエンジンは信頼性が低く、完走は地元スペインGPの1戦のみ。結果は14位だった。

 1988年はエンジンがコスワース製に変更されたが、第3戦モナコGPから3戦連続で予選落ちし、チームを離れた。

 その後、カンポスはツーリングカーに転向。1994年にはスペインのツーリングカー選手権でチャンピオンとなった。1997年にはフェラーリ・333SPでル・マン24時間レースにも参戦した。

 ドライバー引退後は、カンポス・レーシングを設立。ニッサン・オープン・フォーチュナ(後のワールドシリーズ・バイ・ニッサン)に参戦を始めた。1998年、チームの最初のドライバーとなったマルク・ジェネと同選手権でタイトルを獲得。翌1999年にはアロンソをデビューさせ、チャンピオンを獲得した。ジェネは1999年、アロンソは2001年にミナルディからF1デビューを果たしている。

 その後、カンポス・グランプリの名でGP2に参戦。ジョルジョ・パンターノやルーカス・ディ・グラッシ、ヴィタリー・ペトロフらが活躍した。

 またカンポス・グランプリとしてF1参戦も決断。2010年からの参戦を目指したが、財政的な問題でチームのオーナーシップが変更され、カンポスとしてのF1参戦は叶わず。ヒスパニア・レーシング・F1チーム(後のHRT F1)へと体制が変遷していった。

 カンポスはフォーミュラEにも関わっている。NEXTEV TCRチームとパートナーを組み、シリーズ初年度の2014-15年にネルソン・ピケJr.とともに初タイトルを獲得。チームは今もマヒンドラとして、同シリーズへの参戦を続けている。

 FIA F2選手権には初年度から参戦。ランド・ノリスやエイトケン、佐藤万璃音などをドライバーに起用している。

Read Also:

シェア
コメント
自動車の未来は完全電動、それとも……F1新CEO「ハイブリッドには素晴らしい未来が有る」

前の記事

自動車の未来は完全電動、それとも……F1新CEO「ハイブリッドには素晴らしい未来が有る」

次の記事

角田裕毅、3度目のF1ドライブ。アルファタウリ、イモラで旧型マシン使用のテストを実施

角田裕毅、3度目のF1ドライブ。アルファタウリ、イモラで旧型マシン使用のテストを実施
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー Adrian Campos
チーム カンポス
執筆者 Adam Cooper