テレビ視聴最適化目指しF1の決勝レーススタート時刻を15時10分に変更!?

F1各レースのスタート時刻を15時10分に変更し、世界各国でのテレビ放送に最適化することが検討されている。

 2018年の大半のF1グランプリで、決勝レースのスタート時刻が15時10分に後ろ倒しされることになるかもしれない。

 リバティ・メディアがF1の新たなオーナーになって約1年。今度は決勝レースのスタート時間に変更を加えることを目指している。

 複数の情報筋によれば、リバティ・メディアはテレビ放送局やチームと、週末のスケジュール全体を約1時間後ろ倒しすることを話し合っているという。これは、世界各国のテレビ視聴者にとって、最適な時間を模索する一環であるようだ。

 これが実現すれば、伝統的に14時スタートだったヨーロッパでの大半のレースが、1時間遅くなることを意味する(日本時間では21時スタートだったレースが、22時スタートになる)。さらにレース前にCMをなどを入れる時間帯を設けるため、スタート時刻を15時10分(ヨーロッパでのレースなら、日本時間22時10分)とすることも検討されているようだ。

 F1の代表者がスタート時刻の変更についてコメントすることはなかったが、今年変更されたレギュレーションの変更内容を見れば、その可能性がかなり高まっていることがわかる。

 スポーティングレギュレーションの第32条と第33条は、これまで指定されていたフリー走行と予選の開始時刻を、明確には指定しないよう変更されている。その一方で、車検日の翌日には、少なくとも2時間半のインターバルによって分けられた、2回のフリー走行を設けなくてはならないとしている。

 またレースの前日にはさらにフリー走行が行われ、予選は”レース前日に行われ、フリー走行3回目の終了後2時間以上の間隔を経て開始される”と規定されている。

 このタイムテーブルの変更は、日中に行われたイベントのみに適応され、シンガポールとバーレーンはナイトレース、アブダビはトワイライトレースとして引き続き行われる。

 また今年カレンダーに復帰するフランスGPは、同日の14時(日本時間21時)からサッカーW杯のイングランドvsパナマの試合が行われるため、16時10分(日本時間23時10分)のスタートになる模様だ。なお同日夜(日本時間同日24時)からは、日本vsセネガルの試合も行われることになっており、こちらは被ってしまうことになりそうだ。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース