【F1イギリスGP】決勝速報:ハミルトンが母国4連覇! ボッタスが2位

イギリスGPの決勝が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが母国イギリスGPで優勝を飾った。

 フォーメーションラップではジョリオン・パーマー(ルノー)がトラブルでマシンを止めてしまい、そのマシンの処理のためフォーメーションラップをやり直すことになり、レースは当初の予定よりも1周短い51周で行われた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで優勝を果たし、母国イギリスで4連覇を達成した。

 5グリッドペナルティを受け、9番手からスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスは、50周目に2番手まで浮上し、そのまま2位でレースを終えた。

 フロントロウの2番手からスタートしたフェラーリのキミ・ライコネンは、終盤タイヤのトラブルに見舞われてピットインを強いられるも、なんとか3位を守りきった。

 最後尾からスタートしたフェルナンド・アロンソは、レース後半にトラブルでリタイアとなった。チームメイトのストフェル・バンドーンは11番手だった。

 詳細は追って公開する。

 →【リザルト】第10戦イギリスGP:決勝

【関連ニュース】

イギリス予選:ハミルトンが母国で圧巻PP。バンドーン9番手

ベッテル、ポールのハミルトンに白旗「勝つチャンスなかった」

リカルド、PUコンポーネント交換もグリッド変わらず

フェルスタッペン「レッドブルはあらゆる箇所でタイムを失った」

ホンダ、シルバーストンに信頼性を改善したMGU-Hを投入

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
記事タイプ 速報ニュース