【F1】オーストリア詳報FP1:ソフトでハミルトン首位。2番手に0.3秒差

シェア
コメント
【F1】オーストリア詳報FP1:ソフトでハミルトン首位。2番手に0.3秒差
2017/07/07 12:07

オーストリアGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分5秒975でトップタイムを記録した。

 レッドブルF1チームのお膝元であるオーストリアGPの開催地、レッドブルリンクの上空は雲が点々と浮かぶものの晴れ模様。気温23度、路面温度37度というコンディションの中、セッションがスタートした。

 セッション序盤の30分間は、各車ともにインスタレーションラップやガレージでの作業によってマシンの調整を行なった。

 その間、フェラーリのふたりが立て続けにスピンを喫した。ターン1の入り口でリヤタイヤをアウト側に滑らせたキミ・ライコネンは、タイヤにフラットスポット作ってしまったことですぐにピットイン。作業を行なった。一方のセバスチャン・ベッテルはターン1の出口でスピンしたが、チーム無線で「ただスピンしてしまっただけだ」と伝え、走行を続行している。

 セッションが残り1時間を切ったところで、多くのドライバーがコースインし、アタックラップを行う。

 ベッテルがスーパーソフトタイヤで1分6秒826を記録し一時トップタイムとなったが、メルセデスのルイス・ハミルトンがウルトラソフトタイヤで1分6秒526をマークして、トップタイムを塗り替えた。

 その直後、ソフトタイヤでハミルトンの0.8秒差のタイムを記録していたレッドブルのマックス・フェルスタッペンがターン7でクラッシュ。コーナーで曲がりきれずにグラベルに入り込んだが、勢いを消すことができずウォールに右リヤタイヤを軽くヒットさせてしまったため、フェルスタッペンはピットに帰還した。

 セッションの折り返しが近くなると、ドライバー達は一斉にピットに戻る。返却が義務付けられている1セット目のタイヤを交換するためだ。そんな中、ピットに戻り作業を続けていたライコネンがコースに復帰。しばらくコースを占有して走行を行なった。ライコネンはすでに2セット目のタイヤである。

 セッション残り30分の段階で、タイヤをリフレッシュしたドライバー達が続々とコースイン。その間、メルセデスのバルテリ・ボッタスがスーパーソフトタイヤで1分6秒345をマークし、トップタイムとなった。

 しかしハミルトンがソフトタイヤで1分6秒329をマークしてトップタイムを奪い返し、さらにタイムを更新して1分5秒975を記録した。

 残り10分を切ったところで、多くのドライバーがロングランにプログラムを移す中、ピットでの作業を終えたフェルスタッペンがようやくコースインし、スーパーソフトタイヤで1分6秒406を記録して3番手につけた。さらに1分6秒276をマークしたフェルスタッペンは、2番手だったボッタスのタイムを凌ぎ、ハミルトンの0.301秒差となった。

 結局、ソフトタイヤで1分5秒975をマークしたハミルトンがトップタイム。2番手はフェルスタッペン、3番手はボッタスとなった。4番手以下はベッテル、レッドブルのダニエル・リカルド、ライコネンと続いた。

 今回、”スペック3”のパワーユニットを投入したマクラーレンのふたりは、トップ10内に入っている。ストフェル・バンドーンは7番手、フェルナンド・アロンソが9番手となっているが、トップ10内でウルトラソフトタイヤでタイムを記録したのはこのふたりと10番手のエステバン・オコン(フォースインディア)のみであるため、その実力が発揮されたものかどうかは、この段階では判断しづらい。

 オーストリアGPフリー走行2回目は、この後日本時間21時よりスタートする。

【リザルト】第9戦オーストリアGP:フリー走行1回目

【関連ニュース】

ベッテル「レースの後、ハミルトンに謝罪文を送っていた」

ハミルトン、FIAの説明に不満。ベッテルは”後悔”を語る

ホンダF1元副社長のサフナウアー、ホンダの浮上を確信

ルノー、現PUのコンセプトに自信。メルセデスの”模倣”はせず

レッドブルリンクのコーナー数を合計10に変更。MotoGP基準に

次の F1 ニュース
【F1】ペレス、オコンへ"十分に賢くなる"よう要求「物の見方を変えて」

前の記事

【F1】ペレス、オコンへ"十分に賢くなる"よう要求「物の見方を変えて」

次の記事

【F1オーストリアGP】FP2速報:ハミルトンが連続トップ。アロンソが8番手

【F1オーストリアGP】FP2速報:ハミルトンが連続トップ。アロンソが8番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ロケーション レッドブルリンク
記事タイプ 速報ニュース