【F1カナダGP】FP1速報:ハミルトン首位。アロンソにトラブル発生

F1第7戦カナダGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

  F1第7戦カナダGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分13秒809でトップタイムを記録した。2番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテル、3番手にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが入った。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは16番手タイムを記録したが、セッション残り20分を切ったところでコースサイドにマシンを止めた。アロンソは無線でステアリングとギヤに不具合を訴えており、油圧系のトラブルとみられる。チームメイトのストフェル・バンドーンは11番手となった。

 なおトロロッソのカルロス・サインツJr.も、セッション開始から5分も満たない段階でエンジンブローとみられるトラブルによりストップ。タイムを残すことができなかった。

 詳細は追ってお届けする。

→F1カナダGPフリー走行1回目結果

【関連ニュース】

ライコネン「ベッテルは”ナンバー1”じゃない。公平だ」

ハミルトン、苦戦の原因はセットアップの”微妙な違い”だと語る

アロンソ、9月までに勝てれば「僕は残留する」と発言

メルセデスは弱者!? ウルフ、フェラーリの強さを改めて認める

ホンダ、カナダGPでアップグレード導入へ向けギリギリの調整

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サブイベント Friday Practice1
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
記事タイプ 速報ニュース