【F1カナダGP】FP2速報:ライコネン首位。アロンソ7番手に躍進

F1第7戦カナダGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。

 F1第7戦カナダGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが1分12秒935のトップタイムを記録した。2番手にはメルセデスのルイス・ハミルトン、3番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続いた。

 フリー走行1回目にトラブルのためストップしてしまったマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、トラブルの修復が遅れセッション残り30分というところでようやくコースイン。しかし7番手タイムを記録した。チームメイトのストフェル・バンドーンは19番手に終わった。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、セッション中盤にマシンを不具合を訴え、ピットイン。マシンは大掛かりな修復作業に入っている。またチームメイトのマックス・フェルスタッペンも、セッション残り20分というところでマシン後部から白煙を上げてストップ。赤旗の原因となった。

F1第7戦カナダGPフリー走行2回目結果

【関連ニュース】

F1カナダFP1詳報:首位ハミルトン。ベッテルは0.1秒差で2番手

バンドーン「セットアップは申し分ない。あとは結果を出したい」

アロンソ、年間レース数拡大に反対「人生の質の方が重要」

ハミルトン「カナダGPで"ユニーク"なアップデートを導入する」

マクラーレン、ホンダとの関係を”懸念”「限界に近い」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サブイベント Friday Practice2
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
記事タイプ 速報ニュース