F1グループ、チームへの支払額は前年比49億減。一方でコストは増加中

2017年のF1チームへの支払額は、前年と比べて約49億円減額された。その一方で、イベント開催などに伴いコストが増加しているという。

 リバティ・メディアがF1のオーナーに就任した昨年、F1チームへの支払い額は2016年に比べて4700万ドル(約49億3500万円)減ったという。

 F1グループの2017年第4四半期の決算発表によると、チームへの支払額が2016年の9億6600万ドル(約1014億3000万円)から5%減少し、2017年は9億1900万ドル(約964億9500万円)になったとされている。

 またリバティは、F1グループ全体の収益がおよそ1200万ドル(約12億6000万円)減少し、17億8400万ドル(約1873億2000万円)であったことを明らかにした。

 収益の減少には、2017年のレース数が2016年に比べて1レース少なかったことが反映されている(2017年は20レース、2016年は21レース)。また元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンがF1を去る前に、2017年以降はブラジルGPがこれまでよりも低い額の開催料を支払うという取り決めに合意していたことも理由のひとつだ。

 さらにリバティへとF1のオーナーが変わった時期に、F1はUBS(スイスの世界最大級の金融グループ)とアリアンツ(ドイツに本部を構える保険会社)というふたつの大きなスポンサーを失っている。

 チームへの支払いに関してもっとも影響を及ぼしたのは、リバティがロンドンに本拠地を構え、スタッフを大幅に増員し、ロンドンでのF1ライブなどのイベントを開催したことによるコスト増加だ。

 そのリバティは以下のように述べた。

「ファンの獲得、ウルトラHDでの動画撮影、貨物運送の費用増加によってコストが増えている。またこれらは、チームの支出減額に影響している」

「第4四半期、そして2017年全体では、雇用者の増加や組織の新しいオフィスを用意したことにより、『販売費及び一般管理費』も増額した」

 一方チーム側は、こういった支出はF1の収益からではなく、リバティ自身の投資によるものであるべきだと疑問を抱いている。昨年10月には、F1ストラテジーグループがFIAのジャン・トッド会長やF1のCEOであるチェイス・キャリーに対して議会開催を要請する私信を送っており、それ以来議論が続けられている。

 キャリーは、エクレストン時代と比較しても運営コストの増額は進行中だと明らかにしていおり、木曜日には「我々はロンドンの新しいオフィスで仕事をしている」と彼は語った。

「スタッフの数はおよそ120人であり、2018年の半ばまでには150人ほどになると予想している」

「全体としては、マーケティング費用や開発費用を除いて、2016年比で毎年5000万ドル(約52億5000万円)の増加を予想している」

 2018年のF1の目標については、”バランスシート(貸借対照表)を改善し、長期的な現金流量を最大限に生かす”ことだとキャリーは述べた。

「1年前、我々には40億ドル(約4200億円)の対外債務があった。しかし年率に換算しておおよそ1億1500万ドル(約120億7500万円)の利子節約と租税構想の改善によって、今日では32億ドル(約3360億円)となった」

「また以前のF1オーナーによる株式の売却に先立って、我々は潜在的な支出を排除した」

 彼は、F1の収入増加の見込みについても強気な姿勢を見せている。

「既存のパートナーが我々との関係性を広げ、発展させようとしていることや、新しい商業スポンサーらの持つ関心には驚かされた」

「新たな潜在的なスポンサー、プロモーターによるF1に関与したいという真の熱意を感じている」

「適切な方法でそれらを展開していくには時間がかかる。もう一度話すが、我々の優先事項は長期的な価値を築くことであって、短期的な責任を負うことではない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース