F1シンガポールGP FP1速報:リカルドが最速タイム更新で首位。ベッテル2番手

シンガポールGPのフリー走行1回目が行われ、ダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。

 第14戦シンガポールGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブルのダニエル・リカルドが1分42秒489というトップタイムをマークした。リカルドのタイムは、早くもこのマリーナベイ・ストリート・サーキットのコースレコードを上回るものとなった。

 2番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルがつけた。ベッテルのタイムは1分42秒598だった。

 リカルドのチームメイト、マックス・フェルスタッペンが1分42秒610で3番手に入った。

 メルセデス勢はルイス・ハミルトンが4番手、バルテリ・ボッタスが6番手だった。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは1分43秒759で8番手、ストフェル・バンドーンは1分44秒340で11番手だった。だった。

 詳細は追って公開する。

 →【リザルト】第14戦シンガポールGP:フリー走行1回目

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
記事タイプ 速報ニュース