【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

リバティ・メディアは、F1を魅力的なイベントにするため、スペインGPを皮切りに様々な催しを計画していたが、その詳細が明らかになった。

 F1の新しいオーナーであるリバティ・メディアは、F1を魅力的なイベントにするために様々な催しを計画していたが、その詳細が明らかになった。

 その一つとして、トラック上でのイベントが開始する前に、ファン専用のテレビ番組が配信されることになった。これは開幕戦メルボルンですでに展開しており、好評であったため、継続されることとなった。

 他にもF1シミュレーターや、ジップライン&ピットストップチャレンジなどのコンテンツを含むファンコーナーも設けている。

 また、チームとの写真を撮る権利やパドッククラブパスを得ることができる、ファン参加型のイベントが行われる予定だ。その他にもその景品として、なんとも豪華な”2シーターF1カー”の搭乗体験が用意されているという。

 パドッククラブのゲストは、アクセスが制限されている様々なショーカーやモックアップガレージを楽しむことができ、さらにドライバーのパレードトラックに同乗することも可能とのことだ。

 F1の商業マネージングディレクターであるショーン・ブラッチスは、次のように述べた。

「F1はまさに大進化を遂げており、今季のスペインGPはその新しいF1の全貌が明らかになる歴史的な瞬間になるだろう」

「我々が初めから軸として持っているのは、ファンを参加させることで、スポーツの魅力を広めることだ」

「スペインGPのファンフェスティバルから、F1は新たなスタートを切ることとなる。我々も長期的にF1を活性化させていく計画を前に胸を踊らせている」

 【関連ニュース】

【F1】F1のCEO「SNS規制緩和は成功。スペインGPでは新たな施策を」

【F1】リバティ「F1運営ビジネスはこれまで以上のチャレンジだ」

【F1】メルセデス、スペインGPに大規模なアップデートを投入

【F1】アロンソ「9-10月中にチームに残留するかどうか決断を下す」

【F1】年間レース数増加を目指すF1。CEO「アジアは重要な市場」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ 速報ニュース