F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

F1ドイツGP FP1:ロズベルグが首位。アロンソは前戦から6セッション連続7位!

シェア
コメント
F1ドイツGP FP1:ロズベルグが首位。アロンソは前戦から6セッション連続7位!
2016/07/29 9:42

F1ドイツGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。

Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Fernando Alonso, McLaren MP4-31
Valtteri Bottas, Williams FW38 recovers from a spin
Sergio Perez, Sahara Force India F1 VJM09
Sebastian Vettel, Ferrari SF16-H
Kevin Magnussen, Renault Sport F1 Team RS16
Max Verstappen, Red Bull Racing RB12
Nico Hulkenberg, Sahara Force India F1 VJM09
Marcus Ericsson, Sauber C35
Birthday balloons and bunting in the McLaren garage to celebrate the 35th birthday of Fernando Alonso, McLaren
Fernando Alonso, McLaren celebrates his 35th birthday with a cake from the team

 前戦ハンガリーGPと2週連続で行われるドイツGP。その最初のセッションであるフリー走行1回目は行われ、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。

 舞台は2年ぶりの開催となるホッケンハイムリンク。昨年、ニュルブルクリンクでの開催はされなかったため、ドイツGP自体も2年ぶりの開催である。

 やはりまず最初にトップタイムを記録したのは、メルセデスである。ニコ・ロズベルグは4セットしか持ち込まなかったソフトタイヤを履き、セッション序盤40分の時点で1分17秒030を記録。スーパーソフトを履いたフェラーリのセバスチャン・ベッテルに対し、0.4秒弱の差をつけた。その後ろにルイス・ハミルトン、キミ・ライコネン、ダニエル・リカルドなど、メルセデス、フェラーリ、レッドブルのトップ3チームが上位を占める展開である。

 しかし、ここに1台分け入ってきたのは、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ。アロンソは早速スーパーソフトを履いていたため、ソフトタイヤを履いたレッドブルのマックス・フェルスタッペンを上回った。それでも前戦ハンガリーGPで全セッション7位を記録したように、上位3チームの直後につけている感がある。

 残り40分強というところで、各車がタイヤを履き替えてコースイン。スーパーソフトを履いたロズベルグは、1分15秒517までそのタイムを更新。ソフトタイヤでのタイムを1.5秒ほど更新してみせた。チームメイトのハミルトンも自身のタイムを更新するが、ロズベルグには0.3秒と少し及ばず。

 メルセデスの後方にはフェラーリの2台がトップから約1秒落ちで続き、その後方にはレッドブルの2台が1.5秒遅れで連なる。

 その後ろにはアロンソがトップから1.6秒遅れで続き(前戦から続き、6セッション連続の7位!)、さらにはジェンソン・バトンが2秒遅れで続く。マクラーレンの2台は、その後ろに並ぶトロロッソ勢2台を0.5秒近く引き離し、やはり4番手チームの座を堅持している感がある。

 後方で注目なのは、今季ここまで苦しいシーズンとなっているザウバーのマーカス・エリクソンが11番手に来たことか? このままのポジションを週末を通じてキープすることができれば、今季初ポイントが見えてくるかもしれない。ウイリアムズはその後方12番手、13番手だ。

 また、このグランプリに唯一複数セット(3セット)のミディアムタイヤを持ち込んだフォースインディアは、このセッションで早くも2セットのミディアムタイヤを使った。そして彼らはソフトもスーパーソフトも使わず、ニコ・ニュルケンベルグが15番手、セルジオ・ペレスが16番手につけた。両者は共に先頭のロズベルグから約3秒遅れ。フリー走行2回目以降、彼らがその他のタイヤを使い、どこまでタイムを上げてくることができるかという点も注目だ。

 その後、各車がスーパーソフトタイヤでのロングランを実施、決勝レースに向けたデータを蓄積した。この後フリー走行2回目が行われるが、雨が降るとの予報も出ている。

F1ドイツGPフリー走行1回目結果

ClaDriverChassisEngineLapsTimeGapInterval
1  Nico Rosberg  Mercedes Mercedes 32 1'15.517    
2  Lewis Hamilton  Mercedes Mercedes 30 1'15.843 0.326 0.326
3  Sebastian Vettel  Ferrari Ferrari 29 1'16.667 1.150 0.824
4  Kimi Raikkonen  Ferrari Ferrari 23 1'16.852 1.335 0.185
5  Max Verstappen  Red Bull TAG 29 1'16.927 1.410 0.075
6  Daniel Ricciardo  Red Bull TAG 30 1'17.089 1.572 0.162
7  Fernando Alonso  McLaren Honda 18 1'17.183 1.666 0.094
8  Jenson Button  McLaren Honda 15 1'17.612 2.095 0.429
9  Daniil Kvyat  Toro Rosso Ferrari 25 1'18.008 2.491 0.396
10  Carlos Sainz Jr.  Toro Rosso Ferrari 22 1'18.044 2.527 0.036
11  Marcus Ericsson  Sauber Ferrari 28 1'18.198 2.681 0.154
12  Valtteri Bottas  Williams Mercedes 37 1'18.210 2.693 0.012
13  Felipe Massa  Williams Mercedes 33 1'18.322 2.805 0.112
14  Romain Grosjean  Haas Ferrari 20 1'18.589 3.072 0.267
15  Nico Hulkenberg  Force India Mercedes 35 1'18.591 3.074 0.002
16  Sergio Perez  Force India Mercedes 29 1'18.628 3.111 0.037
17  Charles Leclerc  Haas Ferrari 32 1'18.882 3.365 0.254
18  Kevin Magnussen  Renault Renault 35 1'18.933 3.416 0.051
19  Felipe Nasr  Sauber Ferrari  22 1'18.961 3.444 0.028
20  Esteban Ocon  Renault Renault 30 1'18.981 3.464 0.020
21  Rio Haryanto  Manor Mercedes 34 1'19.167 3.650 0.186
22  Pascal Wehrlein  Manor Mercedes 33 1'19.975 4.458 0.808
次の記事
F1、ウエット下でもスタンディングスタートに

前の記事

F1、ウエット下でもスタンディングスタートに

次の記事

F1は”アクティブ”コクピット保護システムを検討へ

F1は”アクティブ”コクピット保護システムを検討へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
サブイベント 金曜 フリー走行1
ロケーション ホッケンハイム
ドライバー ニコ ロズベルグ 発売中