【F1ハンガリーGP】FP2速報:好調リカルドが首位。ベッテルが2番手

ハンガリーGPのフリー走行2回目が行われ、FP1に続いてダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。

 第11戦ハンガリーGPのフリー走行2回目が行われ、FP1に引き続き、レッドブルのダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。リカルドのタイムは1分18秒455だった。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは1分18秒638をマークして2番手に、メルセデスのバルテリ・ボッタスは1分18秒656を計測し3番手につけた。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは1分19秒815で8番手、チームメイトのストフェル・バンドーンは1分19秒909で10番手だった。

 またセッション開始から1時間が経過しようかという頃、パスカル・ウェーレイン(ザウバー)がクラッシュを喫し赤旗が出された。しかしFIAのメディカルチームからは問題なしと診断され、ウェーレインは明日以降のセッションにも参加できるようだ。

 さらに残り時間20分を切ったところで、ジョリオン・パーマー(ルノー)が最終コーナー入り口でクラッシュし、このセッション二度目の赤旗が出された。セッションは残り12分のところで再開した。

 このセッションの詳細は追って公開する。

 →【リザルト】第11戦ハンガリーGP:フリー走行2回目

【関連ニュース】

ハンガリーFP1:リカルドがトップ発進。ビッグ3は三つ巴で開幕

ザウバー、フェラーリと新しいPU契約を締結

ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

アロンソ、シーズン前半のハイライトは「インディ500」と明言

FIA、”空力フェアリング”の搭載でハロの見た目は良くなると主張

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
記事タイプ 速報ニュース