F1マレーシアGP FP3速報:ライコネン首位でフェラーリ1-2もトラブルか?

マレーシアGPのフリー走行3回目が行われ、キミ・ライコネンがトップタイムをマークした。

  第15戦マレーシアGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが1分31秒880というトップタイムをマークした。

 2番手には、1分32秒042計測したチームメイトのセバスチャン・ベッテルがつけた。しかし、ベッテルは残り時間5分を切ったとところでマシンがスローダウンしてしまった。原因は今のところわかっていない。

 レッドブルのダニエル・リカルドが1分32秒091をマークし、3番手に入った。

 マクラーレンのストフェル・バンドーンは1分33秒321で10番手、フェルナンド・アロンソは1分33秒530で11番手だった。

 このマレーシアGPがF1デビュー戦となるトロロッソのピエール・ガスリーは、1分34秒206で16番手だった。

 詳細は追って公開する。

 →【リザルト】第15戦マレーシアGP:フリー走行3回目

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース