ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説:ハミルトンの油圧トラブル修復作業

ハミルトンはシンガポールGP初日にオイル漏れトラブルに見舞われた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、オイル漏れの影響で、フリー走行2回目の走行時間を失うこととなってしまった。

 メインの写真をご覧いただければ分かる通り、W07のフロア、バージボードのすぐ後ろには、オイルの溜まりがある。そしてエンジニアたちは、調査し、問題を解決するために、マシンの解体を行っていた。

Mercedes AMG F1 W07 Hybrid
Mercedes AMG F1 W07 Hybrid

Photo by: Giorgio Piola

 この修復作業は、メルセデスのパワーユニット責任者であるアンディ・コーウェルが詳細に確認していた。

 結局マシンの修復は完了し、ハミルトンはフリー走行3回目と予選に出走した。しかし、なかなかリズムを取り戻すことができず、予選3番手に終わることになった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 シンガポールGP
サーキット シンガポール市街地コース
チーム メルセデス
記事タイプ 分析
Topic ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】