【F1ロシアGP】FP2:フェラーリ1-2。メルセデス勢はアタック苦戦

F1第4戦ロシアGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマーク。フェラーリが1−2となった。

 4月28日(金)、ロシア・ソチのソチ・アウトドローモでF1第4戦ロシアGPのフリー走行2回目(FP2)が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 気温22度、路面温度40度のコンディションでFP2はスタートした。

 まずハースのケビン・マグヌッセンがコースイン。FP1でセルゲイ・シロトキンにマシンを預けていたニコ・ヒュルケンベルグがルノーのシートに戻り、マグヌッセンに続いてコースに飛び出していった。

 ハースはブレーキメーカーをスイッチしてロシアGPに臨んでいるが、セッション開始早々ブレーキに関して、マグヌッセンとロマン・グロージャンそれぞれが懸念を無線でチームに伝えた。また、彼らのマシンはFP1に続いて真っ黒なブレーキダストを吐き出していた。

 セッション開始5分を過ぎ、フェラーリの2台がスーパーソフトタイヤでタイムを記録。セバスチャン・ベッテルが1分36秒524をマークし、キミ・ライコネンを0.318秒上回った。ライコネンは同じタイヤでもう一度アタックし、セクター3で他車に詰まりながらも、1分35秒980までタイムを伸ばした。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスもスーパーソフトタイヤでタイムを出すが、ライコンネンには及ばず。一方でチームメイトのルイス・ハミルトンは1分35秒752をマークし、ライコネンを上回りトップに立った。

 セッション開始後15分を前に、FP1のトラブルでパワーユニットを交換していたマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンがインストレーションラップを済ませた。

 セッション開始18分すぎ、レッドブルのダニエル・リカルドもスーパーソフトタイヤでタイムを出したが、4番手ベッテルからも0.5秒遅いタイムとなった。マックス・フェルスタッペンは、1回目のアタックでチームメイトのリカルドから0.2秒遅れたものの、2回目のアタックでボッタスを上回り3番手に浮上した。

 バンドーンは、セッション開始24分を前にスーパーソフトタイヤでタイムを計測。1分43秒148と、トップから7秒以上遅れのタイムではあるが1周を回りきり、徐々にタイムを上げていった。

 バンドーンがタイムを出した直後に、ライコネンがウルトラソフトタイヤを誰よりも先に投入。ベッテルも続いてウルトラソフトを装着してピットアウトした。

 ライコネンはウルトラソフトでのアタックで約1.26秒タイムを向上させ、1分34秒721をマークした。ライコネンはタイヤを1周休ませ、2度目のアタックへ向かい、1分34秒383までタイムを更新。2周タイヤを暖めたベッテルは、ライコンネンから0.097秒遅れの1分34秒480をマークした。ベッテルもさらにもう一度アタックを行い、1分34秒120にタイムを更新した。

 ウイリアムズのフェリペ・マッサや、フォースインディアのエステバン・オコンも、2回目のアタックでタイムを向上させており、タイヤの保ちはいいようだ。

 その後、メルセデス勢もウルトラソフトを投入。ボッタス2周タイヤをウォームアップした後、アタックを行ったが、1分35秒313。もう一度アタックを向かったが、1分34秒998止まりとなりベッテルからは0.878秒離された。

 ハミルトンは、何度かアタックを中断するなどすんなりとはいかずも、なんとか1分34秒829をマークした。3度目のアタックに向かったボッタスは1分34秒790を出したが、それでもベッテルから0.5秒以上の差がついており、ハミルトンも何度かコースアウトするなど、メルセデス勢はウルトラソフトタイヤをイマイチ使いこなせていないような印象だ。

 セッション残り35分を切り徐々にロングランを行うマシンも増えてきた。ベッテルは中古のウルトラソフト、ライコネンがユーズドのスーパーソフトタイヤを履いてコース上に。ボッタス、ハミルトンはウルトラソフトで走行を重ねた。

 セッション残り20分、フェルスタッペンがピット入り口手前でマシンを止めた。フェルスタッペンは『パワーを失った』と無線でチームに伝えた。

 多くのマシンがロングランを行う中、セッションが終了。フェラーリのベッテル、ライコネンの1-2となった。メルセデスは、スーパーソフトからウルトラソフトタイヤに履き替えた際のタイムの伸びが、フェラーリ勢と比べて小さく、ボッタスが3番手、ハミルトンが4番手となった。

 5番手、6番手はフェルスタッペン、リカルドのレッドブル勢。フェラーリやメルセデスとは0.7秒以上離されており、フェルスタッペンがトラブルでストップするなど苦しい展開だ。

 7番手以下はマッサ、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、セルジオ・ペレス(フォースインディア)というトップ10。

 マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが12番手、バンドーンが16番手となった。

 FP2では、ウルトラソフトタイヤで30周近く走行していたマシンもあり、タイヤのデグラデーションはかなり小さい模様。決勝は1ストップが濃厚であり、採れる戦略は多くないだろう。フェラーリ、メルセデスは同じようなペースで周回を重ねており、予選の重要度が高くなりそうだ。

 フリー走行3回目は、29日(土)日本時間18時からスタートする。

【関連ニュース】

【F1ロシアGP】FP1:ライコネン首位。バンドーンにまたしてもトラブル

【F1】ベッテルとライコネン、FP1で3基目のターボ投入 

【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず

【F1】フェルスタッペン「まだ上位2チームとのギャップがある」

【F1】ベッテル「メルセデスに勝つには、ひとつずつのステップが重要」

F1 2017 ロシアGP フリー走行2回目 タイム結果

Cla#ドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/h
1 5 germany セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 36 1'34.120     223.680
2 7 finland キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 36 1'34.383 0.263 0.263 223.057
3 77 finland バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 36 1'34.790 0.670 0.407 222.099
4 44 united_kingdom ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 34 1'34.829 0.709 0.039 222.008
5 33 netherlands マックス フェルスタッペン  Red Bull TAG 15 1'35.540 1.420 0.711 220.355
6 3 australia ダニエル リカルド  Red Bull TAG 26 1'35.910 1.790 0.370 219.505
7 19 brazil フェリペ マッサ  Williams Mercedes 39 1'36.261 2.141 0.351 218.705
8 27 germany ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 38 1'36.329 2.209 0.068 218.551
9 20 denmark ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 31 1'36.506 2.386 0.177 218.150
10 11 mexico セルジオ ペレス  Force India Mercedes 38 1'36.600 2.480 0.094 217.937
11 31 france エステバン オコン  Force India Mercedes 39 1'36.654 2.534 0.054 217.816
12 14 spain フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 27 1'36.765 2.645 0.111 217.566
13 30 united_kingdom ジョリオン パーマー  Renault Renault 22 1'36.771 2.651 0.006 217.552
14 8 france ロマン グロージャン  Haas Ferrari 31 1'37.039 2.919 0.268 216.951
15 55 spain カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 36 1'37.083 2.963 0.044 216.853
16 2 belgium ストフェル バンドーン  McLaren Honda 25 1'37.125 3.005 0.042 216.759
17 26 russia ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 35 1'37.300 3.180 0.175 216.369
18 94 germany パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 30 1'37.441 3.321 0.141 216.056
19 18 canada ランス ストロール  Williams Mercedes 36 1'37.747 3.627 0.306 215.380
20 9 sweden マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 29 1'37.819 3.699 0.072 215.221
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
記事タイプ 速報ニュース