F1前CEOエクレストン、グリッドガール廃止を批判「彼女らもF1の一部」

F1の元CEOであり、現在は名誉会長を務めるバーニー・エクレストンは、グリッドガールを廃止したF1の決定を批判している。

 F1の元CEOであり、現在は名誉会長を務めるバーニー・エクレストンは、F1がグリッドガール廃止を決定したことを痛烈に批判している。

 F1の現オーナーであるリバティメディアは、「現在の社会規範に矛盾している」として、グリッドガールを廃止する決定を下した。この話題は世界中で大きな話題となっており、モータースポーツ界のみならず、一般の新聞やニュースメディアでも注目を集めている。

 しかしF1の元CEOであるエクレストンは、このリバティメディアの決定について理解できないという。グリッドガールを起用するという”古い慣習”を続けても、それによって気分を害する人はいないはずだと、彼は主張しているのだ。

「少し上品ぶっていると思う」

 エクレストンはザ・サン紙にそう語った。

「グリッドガールを起用し続けるべきだ。ドライバーもそれを気に入っているし、観衆も同じようにグリッドガールを好きなはずだ。気にする人は誰もいないよ。彼女たちはこのショーの一部なんだ」

「綺麗な女性たちが、F1マシンの前でドライバーの名前とカーナンバーを書いたボードを持っている……それを批判する人の声を聞いたことがない」

「彼女たちは素敵な衣装を身にまとっている。ロレックスやハイネケンといった企業の人々が”人前には出せない”と思うような女性が、そこにいるわけではない」

「私は、女性たちが男の仕事をできないということを忘れていたのかと思った。しかし、女性にだって男がやっている仕事をすることができる。すべて同じことだと思った」

「彼女たちはこのショーの一部だった。彼女たちがドライバーの横にいるというシーンは、その後にやってくる緊張感の前段階だったのだ」

 エクレストンはそうリバティメディアの決定に反論するが、多くの人々がグリッドガールを廃止するという決定に支持を表明している。F1が批判にさらされる可能性があることから遠ざかるという、正しい動きだと信じているのだ。

 シルバーストン・サーキットのマネージングディレクターであるスチュワート・プリングルは、イギリスのテレビ局BBCに対して、次のように語った。

「グリッドガールを廃止することを、全面的に支持している。それはもはや、このスポーツに合わない、昔の慣習なのだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース