F1参入を試みるアストンマーチン「我々はF1の"創造的破壊者"だ」

アストンマーチンは、F1新規制がこれまでとは変わったアプローチであり、自分たちがF1の"創造的破壊者"的立場にあると考えている。

 今年10月、F1は2021年以降の新しいエンジンコンセプト案を発表。F1への参入を試みるアストンマーチンはその内容に賛同し、自社でF1プロジェクトを立ち上げるという動きを見せていた。

 しかしすでにF1に参戦しているメルセデスやルノー、フェラーリは、そのコンセプト案に対し難色を表し、F1の示す新しい方向性に疑念を抱いている。

 アストンマーチンの社長兼CEOであるアンディ・パーマーは、新しいコンセプト案がこれまでのF1プログラムとは違ったアプローチであると理解していると語った。

「最近リバティ・メディアは、新しい方向に向かおうとしていると我々は感じ取っている」

「もし私が彼らの立場に立ったとしたら、同じようにするだろう。今の私がそうであるように、アストンマーチンはF1における"ディスラプター(創造的破壊者)"だ」

「もし今、自分たちでF1エンジンを作っていたとすれば、エンジンを作ることはやめるだろう。そしてすぐに技術的なパートナーシップ、もしくは製造的なパートナーシップ先を探し求めると思う。そしてレギュレーションの思惑を読み解き、それに対処する準備を始めることだろう」

 F1参入を試みるアストンマーチンにとって重要なのは、生産コストやその後のエンジン開発コストを削減することをF1が約束しているということである。パーマーはF1参戦のためにいくつの段階があると感じているようだ。

「我々はFIAとリバティ・メディアに対し、『F1に参入する可能性のある独立系メーカーの視点に基づいた我々の考え』を送った」

「我々のような独立系メーカーにとっての要点は、マシンのある一定の部分の標準化だ。そうすれば我々はサプライヤーから供給を受けることができる」

「そこに競争はない。だからターボチャージャーの熱回生システムは廃止してしまおう。F1で働く何百人もののスタッフがF1にそれほど関連性のないそういった領域の作業に取り組んでいる」

「我々が出したもうひとつの提案は、主にシャシー開発やテストベンチを行う時間を制限して、開発コストを削減することだ」

「しかしそれはまだ新しいレギュレーションに組み込まれていない。しかしこれまで我々が求めてきたことはうまく反映されてきたため、今後の展開に期待したい」

「まだ我々はそれが実現することを追い求めている。我々の会社はそう大きいものではないから、資金の使い方には慎重にならなければならない。テストベンチに関する制限は次の重要なステップになると考えている」

「今後のレギュレーションを成熟させるためにあと1年あると我々は理解している」

 またパーマーは、近年のアストンマーチンの財政状況を安定させることに貢献してきたが、さらなる追加出資先を探すという課題を抱えていると語った。

「3年前とは違い、資金によって会社が制限を受けることはないが、無限に資金があるわけでもない」

「資金繰りについては我々が定めた基準に該当していれば行うことができる。私はこれからもそれを継続しなければならない」

「我々は今何をしているのかを理解している。私は元々パワートレインのエンジニアであった。今はふたりのF1エンジニアを雇用しているし、レッドブルという後ろ盾もあるんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース