F1日本GP決勝前セレモニーで予定されていた戦闘機の展示飛行が急遽中止

F1日本GPの決勝スタート前に行われるセレモニーの内容が急遽変更された。

 10月8日(日)、鈴鹿サーキットはF1日本GP決勝スタート前に航空自衛隊小松基地第6航空団所属の「F-15J」4機による展示飛行を予定していたが、飛行任務所要等により中止となることを発表した。

 なお、陸上自衛隊明野駐屯地所属のヘリコプター4機による展示飛行は実施予定とのことだ。

 航空自衛隊の主力戦闘機による迫力の展示飛行が見られないのは非常に残念であるが、2017年F1日本GPは他にも様々なイベントが用意されているため、来場者の方々には是非F1日本GPを満喫していただきたい。

 詳しくは、鈴鹿サーキットのF1特設ページ(http://www.suzukacircuit.jp/f1/)をご覧ください。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース