F1日本GPの観戦券発売日が延期。4つの仮設席の発売が中止に

10月に鈴鹿サーキットで開催が予定されているF1日本GPの観戦チケットの発売日が、当初の5月17日から延期されることが決定。また4つの仮設スタンドについては、今年は発売が中止されることになった。

F1日本GPの観戦券発売日が延期。4つの仮設席の発売が中止に

 モビリティランドは、鈴鹿サーキットで10月9日(金)〜10月11日(日)に開催が予定されているF1日本グランプリの観戦チケット発売開始日を、予定されていた5月17日(日)から延期することを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕が大幅に遅れている2020年シーズンのF1。現時点では6月末の第10戦フランスGPまでの中止もしくは延期が決定。F1は7月5日に決勝レースが予定されているオーストラリアGPから、無観客でシーズンをスタートさせたいとしている。

 その後、9月上旬まではヨーロッパでレースを開催し、9〜11月をフライアウェイ戦に充て、12月に中東でシーズンを終了することを目指している。そのため、開催スケジュールが大幅に変更される可能性がある。

 モビリティランドは4月28日(火)に発表したプレスリリースの中で、鈴鹿サーキットでのF1日本GPは「予定通りの開催に向けて準備を進めている」と説明。しかし、国内外の新型コロナウイルスに関する対策の状況を鑑み、チケット発売日を延期するとしている。チケット発売の延期日程については、決定し次第発表されるという。

 なおA1仮設席、A2仮設席、C席上段仮設席、I仮設席については、当初設定が予定されていたものの、今年は発売を中止することになったという。今後その他の販売内容に変更が生じた場合には、決定し次第案内が行なわれる。

Read Also:

シェア
コメント
トヨタが勝つ”べき”だったグランプリ:2009年F1バーレーンGP

前の記事

トヨタが勝つ”べき”だったグランプリ:2009年F1バーレーンGP

次の記事

まさに“ハナ差”の決着! F1における最も僅差のレースベスト10

まさに“ハナ差”の決着! F1における最も僅差のレースベスト10
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP