【F1日本GP】格安! 西エリアチケットの販売が7月9日からスタート

鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPを格安で楽しむことができる「西エリアチケット」の販売が、7月9日(日)からスタートする。

 今年の10月6日(金)〜8日(日)にかけて鈴鹿サーキットで行われるF1日本グランプリ。すでに観戦券の発売は開始されているが、今週末の7月9日(日)からは、格安でF1を観戦できる「西エリアチケット」の発売もスタートする。

 この「西エリアチケット」は、鈴鹿サーキットの西コースにある各観戦エリアのうち、G(130R&立体交差)、J(200R)、L・M・N(スプーンカーブ)、O(西ストレート)を移動しながら、自由なスタイルで観戦できるチケットである。しかも、3日間通し券で大人9000円(U23 6000円/子供3000円)と非常にリーズナブルな価格が設定されており、お得に日本GPを楽しむこともできる。しかも、グランプリ開催期間+前後1日ずつの計5日間、鈴鹿サーキットのゆうえんち「モートピア」で遊ぶことができる”パスポート”付きというのも嬉しいところだ。

 なおこの「西エリアチケット」は、安心・安全に観戦できるよう、枚数限定発売となっており、注意が必要。販売開始は7月9日(日)10:00(日本時間)である。

 また、7月9日からは、10月6日(金)のみ観戦可能な「金曜日券」の発売も開始。金曜日はV1・V2席、カメラマンエリア、VIPスイート、パドッククラブなど一部のエリアを除くほとんどの席が自由席となっているため、場所を移動しながらF1を楽しむことも可能だ。価格は大人1枚4200円と、さらに買いやすい設定となっている。なお、金曜日券には、ゆうえんち「モートピア」のパスポートは含まれない。

 西エリアチケットを始め、日本GPの観戦チケットは、鈴鹿サーキットのインターネットチケットサイト(MOBILITY STATION)やローチケHMV、ローソンやミニストップの店頭で発売される。

 観戦券の詳細など詳しくは、鈴鹿サーキットの日本GPホームページ(http://www.suzukacircuit.jp/f1/)まで。

【関連ニュース】

インディ500ウイナー佐藤琢磨、F1日本GPに来場決定

日本GPイベント続々決定。ウイリアムズ40周年記念デモランも

ザウバー「我々は日本人と表彰台に乗った最後のチーム」

バトンの鈴鹿1000km出場が決定。TEAM 無限に加入

2016年日本GP決勝:ロズベルグが鈴鹿初優勝。ハミルトンはまたもスタート失敗

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
記事タイプ 速報ニュース