F1日本GP FP2速報:ウエットの中タイム計測はわずか5人。ハミルトンが最速

日本GPのフリー走行2回目が行われ、ルイス・ハミルトンがウエットタイヤでトップタイムをマークした。

F1日本GP FP2速報:ウエットの中タイム計測はわずか5人。ハミルトンが最速

 ウエットコンディションで行われた第16戦日本GPのフリー走行2回目。セッションの残り時間が半分を切ったところでようやくコース上にマシンが出て行くことになった。

 しかしタイムを計測したドライバーは少なく、トップタイムはルイス・ハミルトン(メルセデス)の1分48秒719だった。

 続いてエステバン・オコン(フォースインディア)が1分49秒518。以下セルジオ・ペレス(フォースインディア)、フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)、ランス・ストロール(ウイリアムズ)がタイムを残している。

 詳細は追って公開する。

 →【リザルト】第16戦日本GP:フリー走行2回目

【関連ニュース】

シェア
コメント
日本GP:FP1はタイム更新合戦。ベッテルがレコードまで約0.2秒に迫る

前の記事

日本GP:FP1はタイム更新合戦。ベッテルがレコードまで約0.2秒に迫る

次の記事

F1、2018年よりドライバーのグローブに生態認証センサーの搭載を決定

F1、2018年よりドライバーのグローブに生態認証センサーの搭載を決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦日本GP
ロケーション 鈴鹿サーキット