F1次世代エンジンは他カテゴリーでも使える”グローバルエンジン”へ!?

FIAのジャン・トッド会長は、F1の次世代エンジンを他のカテゴリーでも使用できる”グローバルエンジン”とすることを考えているようだ。

 FIAのジャン・トッド会長は、2021年以降に導入されるF1の次世代エンジンについて、他のモータースポーツカテゴリーでも使用できる”グローバルエンジン”とすることを検討しているようだ。

 このコンセプトは2000年代後半に提唱された。また当時、FIAは世界中の11ほどの主要シリーズで使用できるベースエンジンを作るための共通レギュレーションの可能性について、イギリスのエンジニアリングコンサルタントであるリカルド社に調査を依頼している。

 2009年の報告によると、F1やインディカーとその下位カテゴリーのほか、ラリーやツーリングカー、プロトタイプスポーツカーなどのチャンピオンシップで同じエンジンを使用することができるとされていた。しかし対象となるチャンピオンシップとそれに参戦しているメーカーのコスト上昇と実用性について懸念があるとのことだった。

 それでも、現代のF1に導入されているハイブリッドエンジンを生産するためには巨額な投資が必要なため、グローバルルールのコンセプト復活は魅力的であると、トッド会長は示唆した。

「モータースポーツの他のカテゴリーでこの(F1)エンジンを使うことができるだろうか? おそらく簡単なことではないと言える」

「現時点では、各カテゴリーには独自のレギュレーションがある。だから相乗効果があるかどうかを検討する必要があるだろう」

 トッドはF1とエンジンルールを共有する候補として、世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスを考えていることを強調した。その理由について彼は、F1がより長寿命のエンジンを使うようになってきており、スポーツカー耐久レースでもその技術が使われているからだと語った。

「我々(FIA)は、LMP1クラスを含めた耐久選手権を開催している」

「(F1とLMP1は)全く異なるエンジンを使っているので、F1と共通のエンジンを使う未来の耐久選手権を想像することは理にかなっている。それはつまり、同じような走行距離をカバーすることになる」

 LMP1クラスからアウディとポルシェが相次いで撤退したWECは、今後のルールについて評価を行っているところだ。2020/21年からプロトタイプマシンにロードカーのスタイルを反映させることについて議論が行われているが、プライベーターにはルールの安定が約束されているため、エンジン哲学に大きな変更が加えられることは考えにくいだろう。

 motorsport.comの調べによれば、トッドの”エンジンのグローバル化”というアイデアがLMP1チームに正式に提案されたわけではないようだ。

 F1とトップレベルのスポーツカーレースがエンジン技術を共有するという試みは、1991年にグループCのレギュレーションが変更され、F1と同じ3,500ccの自然吸気エンジンのみとされたのが最後だ。しかし双方のカテゴリーの活性化にはつながらず、グループCから多くの自動車メーカーが撤退。グループCというカテゴリーが事実上の終焉を迎える原因となってしまった。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース