【F1】アデレード市議会、F1開催の復活に向けて州政府に検討要求

アデレード市議会は、F1オーストラリアGPを呼び戻すことができるかどうかの調査を、南オーストラリア州政府に対して正式に要求した。

 以前F1オーストラリアGPを開催していたアデレード市は、オーストラリアGPを再開催を目指し、南オーストラリア州政府に検討を求めたが、政府は難色を示している。

 オーストラリアの新聞紙『アデレード・アドバタイザー』によると、アデレード市議会は昨夜、F1を再び開催の可能性を南オーストラリア州観光大臣のレオン・ビグネルに検討するよう要請することを決定した。

 アデレードは南オーストラリア州の州都であり、オーストラリア初のF1を開催した。1985年から1995年までアデレード市街地コースでF1が行われていたが、それ以降は開催地がメルボルンのアルバート・パークに移っている。

 アデレード市街地サーキットは、その短縮バージョンが現在スーパーカーの開幕戦で使用されている。

「当時の繁栄した日々と、F1グランプリがもたらしたものを懐かしむ気持ちがある。だから、議会が州政府に書簡を送り、少なくとも開催の可能性を調査したいという意志を示したことを嬉しく思っている」と、アレックス・アンティック議員が語ったと、アデレード・アドバタイザーは報じている。

 先週すでに、ビグネル観光大臣はアデレードにF1を呼び戻すというアイデアについて、アデレード市議会を批判した。

「南オーストラリアで一番腹だたしい人々は、アデレード市議会の人たちだ」

「もしグランプリを開催したいのであれば、我々がグランドスタンドを早く建てられれるように、もっと資金を投じたらどうだろうか。そうすれば、彼らの納税者も幸せになれるだろう」

「バサーストを例に出してみよう。彼らの市議会は、バサーストのレースに600万ドルを投じている。愚か者たちは我々に10万ドルを請求しながら、5万ドルしか払わない」

「彼らは不満を垂れているが、彼らは納税者を助けるためにお金を支払う気は無い。我々は(グランプリには)興味が無い」

 オーストラリアGPは、2023年までメルボルンのアルバート・パークで開催されることになっている。

【関連ニュース】

【F1】開幕戦オーストラリアGP、DAZNの配信スケジュール決定

【F1】リバティ「ヨーロッパの伝統的なサーキットはF1にとって重要」

【F1】”5秒速い”マシンに対応。オーストラリアGPの改修作業進行中

【F1】2018年復活のフランスGP。ポール・リカールのレイアウト案

【F1】ポール・リカール、2018年からのフランスGP開催を発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ adelaide