【F1】アロンソ、イギリスGPでの30グリッド降格が正式決定

イギリスGPの予選Q1でトップタイムを記録したフェルナンド・アロンソの決勝30グリッド降格が正式に決定した。

 イギリスGPの予選Q1でトップタイムを記録、Q2では13番手となったマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、決勝で30グリッドの降格ペナルティを受けることが確定した。

 金曜日の時点で新しいエナジーストア(回生エネルギー用のバッテリー)を投入したことで、すでに5グリッド降格が決まっていたアロンソ。しかしフリー走行3回目を前に、6基目エンジン(ICE)、8基目のターボチャージャー(TC)、8基目のMGU-H、6基目のMGU-Kを投入したことが、正式に発表されている。

 これで初めて8基目のコンポーネントを投入したことによる10グリッド、その他3つのコンポーネントを投入したことで5×3の15グリッド、合計25グリッドの降格ペナルティが追加で科せられることになった。すでに金曜日の時点で決まっていた5グリッドと合わせると、合計30グリッドの降格となる。

【関連ニュース】

マクラーレン「アロンソは来年もF1に留まりたいと明確にした」

アロンソ、ロンドンF1イベントに感銘「今度も開催して欲しい」

ブリアトーレ「アロンソ残留にはマクラーレンの”改革”が必要だ」

フェラーリ会長、アロンソの古巣復帰には『興味なし』と宣告済

メルセデスのトト・ウルフ、アロンソのマネージャーと夕食

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース