【F1】アロンソ、”ホンダパワー”の不足を無線で訴える

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、「こんなに少ないパワーでレースしたことはない」とレース中に語った。

 インディ500に参戦するため、モナコGPを欠場することを発表し、世間を驚かせたマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。彼はバーレーンGPでは中団争いを繰り広げていたが、その最中にオーバーテイクされたことに対し、怒りを隠さなかった。

 彼は最終的には残り1周というところでマシントラブルによりリタイアしたが、ホンダ製のパワーユニットのパフォーマンス不足を、無線で声高に訴えたのだった。

「どうして彼らは僕をオーバーテイクできるんだ? 僕の300mも後ろにいたのに、ストレートで抜いていったんだ。僕の人生の中で、こんなに少ないパワーでレースしたことなんてない」

 また、そのあとアロンソは、無線でこんなやりとりも交わした。

アロンソ:「最悪だ。彼らはストレートで300mも後ろにいただろう?」

エンジニア:「フェルナンド、プランBにすることを考えているんだが、タイヤはどうだい?」

アロンソ:「好きなようにしてくれ」

アロンソ:「エンジン! エンジンのトラブルだ。ピットインする。アウトだ」

これまでより、パフォーマンスは劣った

 レース後、インタビューに応じたアロンソは落ち着いていた。しかし、メルボルンや上海でのレースの時よりも、マシンのパフォーマンスが劣ったと感じていることを認めた。

「僕らはバトルを楽しめなかった。なぜなら、僕らはストレートであまりにも多くのポジションを失ったからだ」

 そうNBCに語った。

「僕らは、レースの幾つかの部分でポイントに近かったと思う。しかし、僕らは中国やオーストラリアで見せたようなペースを持っていなかった。今日、僕らは少し遅すぎた。だから改善していく必要があるんだ」

「たぶんロシアでも厳しいと思う。あそこは、パワーが重要だから。僕らはこのパッケージの弱点を知っている」

 チームメイトのストフェル・バンドーンは、MGU-Hのトラブルによりスタートすることができなかった。アロンソも予選で、同じくMGU-Hの不具合に苦しめられた。これについてアロンソは、次のように語った。

「今週末、ストフェルはとても不運だった。レースにも参加することができずに。でも、それは素晴らしいことだ」

【関連ニュース】

【F1】バーレーンGP決勝:ベッテル完勝。ハミルトン追い上げ実らず

【F1】ホンダのトラブルはMGU-H。その発生原因はまだ特定できず

【F1】アロンソ、エンジンが停止しQ2アタックを完了できず 

【F1コラム】アロンソのインディ500参戦に込められた意味とは?

【F1】アロンソ「中国GPのパフォーマンスは信じられなかった」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース