【F1】アロンソ「マッサと接触せずとも、素晴らしい結果は無理だった」

フェルナンド・アロンソは、1周目のフェリペ・マッサとの事故がなくても、ポイント獲得は難しかったと考えている。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、予選で最も注目されたひとりだった。今季これまで大苦戦していたにもかかわらず、予選Q3に進出したばかりか、トップ3チームに次ぐ7番手グリッドを獲得したからだ。

 決勝でも無難なスタートを決めたアロンソだったが、ターン2でウイリアムズのフェリペ・マッサと接触。これでアロンソはコース外に押し出されてしまい、大きくポジションを落とすこととなった。

 それでもアロンソはレースに復帰し、12位で完走。これは、彼にとって今季初完走ということになる(バーレーンGPは”完走扱い”)。

 ただアロンソは、マッサとの接触がなかったとしても、マシンの最高速度を考えれば、ポジションを守り抜くのは難しかっただろうと認める。

「前方のクルマは接触していたし、僕はリスクを冒した」

 アロンソはそうスタートについて語った。

「たぶん、僕には後ろに留まるという選択肢もあっただろう。でも、失うものなんてないから、僕はアウトサイドに出たんだ。そしておそらく、彼(マッサ)は僕を見ていなかったのだろう」

「しかしそれがなかったとしても、僕たちのストレートスピードでは、遅かれ早かれ、順位を落としたことだろう。ライバルたちは少しずつ準備してくるから、防御するのは不可能だ。そして、彼らを攻撃するのも難しいだろう」

「とにかく、今週末には満足している。昨日の予選で、僕はスーパーラップを成し遂げた。そして今日はマシンには大きな問題は発生せずに、走り切ることができた。一歩ずつだよ」

 またアロンソは、最初のピットストップからコースに復帰した後、トロロッソのダニール・クビアトを抜けなかったことで、入賞のチャンスを失ったと考えている。

「レースペースの面では、僕らは前を行くクルマについていけないことを知っていた。でも、もしそうだったとしても、ピットストップの後にクビアトの背後に入ってしまったことで、すべてのチャンスを失ったんだ」

「僕らはストレートでオーバーテイクすることができない。だから、僕は彼の後ろに留まることしかできなかった。そこから、レースはより複雑になってしまった」

 アロンソは今回のスペインGPが、今シーズンの転換点だとは考えていない。

「ホンダが強力なアップデートをもたらず時、それは変換点になるだろう。Q3に入り、トップ10に入れるだけのシャシーがあるんだから、悪いわけではない。しかし、僕らにはパワーと信頼性が不足している」

「信頼性が向上し、クルマは完走することができた。しかし、改善が続いていくことを祈ろうじゃないか」

【関連ニュース】

【F1】アロンソ「今はレッドブルをどう交わすかだけを考えている」

【F1】バンドーン「アロンソのあのラップは”神秘的”なんかじゃない」

【F1】アロンソ、地元7番手は”贈り物”。トラブルフリーの決勝望む

【F1】ホンダ長谷川氏「昨日と比べ、今日は少しホッとした」

【F1】ホンダのアップデート版PU、投入はカナダ以降の可能性も

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース