【F1】アロンソ、予選13番手は「神からのプレゼント」

アロンソは当初、予選ではもっと悪い結果になると考えており、13番手という結果は「神からのプレゼント」だと話した。

 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、フリー走行3回目を17番手で終え、あまり期待を持てないまま予選を迎えた。しかしその予選ではマシンを最大限に利用し、13番手を獲得した。

 アロンソは、開幕戦と同じように最高のパフォーマンスを発揮したという。

 予選後、彼は「オーストラリアの時のように、生涯でベストなラップを走った」と話した。

「オーストラリアでもここでもそうだ。マシンのフィーリングも良かったし、限界までプッシュできると感じた」

「昨日は走れなかったし、もっと悲観的な予想をしていた」

「今朝いくつか新しいパーツを試したら、それが予想通りに機能した。でも全てのパワーを使っても僕たちは17番手と19番手だった(フリー走行3回目)。だから予選ではザウバーと最後尾争いになることを考えていた」

「最終的には13番手だったけど、これは神からのプレゼントだ」

 トップ10のカットオフタイムから約0.2秒遅れだったアロンソは、Q2ではエンジンが始動せず、不安を抱いていたという。

「彼らもどうしてこうなったのかわかっていなかったと思う。明日に向けて原因を解明したい」

 またアロンソは、このサーキットには長いストレートがあるので、もしマシンのトップスピードが足りなければ、ポジションを失う可能性があると認めた。

 しかし明日は雨の予報が出ており、たとえウエットコンディションでリスクを負ったとしても、まだ良い結果が出せるかもしれないという期待を抱いている。

「ドライだったら、もし僕たちが13番手だとしても、バックストレートを走ったらすぐに15番手か16番手になってしまうだろう。ウエットならストレートを過ぎても15番手か16番手のままかもしれないけど、コーナーでリスクをとることになる」

「とてもリスキーだけど、僕らが失うものは何もない」

【関連ニュース】

【F1】中国GP予選:ハミルトンPP獲得。マクラーレンはQ2敗退

【F1】スケジュールに変更なし。中国GP決勝は予定通り日曜開催

【F1】FIA、日曜の悪天候に備え、救急搬送手段を複数用意

 【F1】グロージャンとバンドーン、中国で新たなターボとMGU-Hを使用

【F1】中国GP決勝を9日15時よりライブテキストでお届け!

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース