【F1】アロンソ「僕たちは3番目に優れたシャシーを持っている!」

アロンソはスペインGP予選でのパフォーマンスから、マクラーレン製シャシーへの自信を深めているようだ。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、スペインGP予選でのパフォーマンスから、マクラーレン製シャシーへの自信を深めている。

 今シーズンで未だポイントを獲得できていないアロンソは、母国戦スペインGPの予選でQ3進出を果たし、結局メルセデスとフェラーリ、レッドブルの背後の7位を得た。アロンソは、ホンダのパワーユニットの性能差を考えれば、アロンソはマクラーレンが今のF1の中で、3番目に良いシャシーを持っていると考えているようだ。

「未だポールポジションから2秒落ちという大きなギャップがある」とアロンソ。

「パワーユニット面で僕たちがどれほどタイムロスをしているかは理解している。でも、多かれ少なかれシャシーは僕たちが今季の初めに想定していたレベルに近いことが確認できた。僕たちは確かに競争力を持っていた」

「まだ最高の状態ではない。空力面やメカニック面などでいくつかの仕事が残っている。メルセデスやフェラーリと同じレベルになるには、これからも作業を続けなければならないと思う」

「でもシャシーだけで言えば、彼らの背後に位置するだけのポテンシャルがある」

 アロンソは、カタロニア・サーキットでのマクラーレン製シャシーのポジションは”4位から5位”だと語った。またチームは、他のいくつかの開催地でも良いチャンス掴める可能性があるとアロンソは考えている。

 しかし、そのレースが次戦のモナコGPだったとしても、アロンソは”全く後悔していない”と主張した。

「その日、僕は世界で最も大きなレースのひとつであるインディ500でレースする予定だ」

「今、僕たちの前には2台のメルセデス、2台のフェラーリ、2台のレッドブル、計6台もいるんだ。モナコで7位入賞を目指して戦うなんて、僕はごめんだね」

【関連ニュース】

【F1】ホンダ長谷川氏「信頼性に自信があると言える段階ではまだない」

【F1】アロンソ「マッサと接触せずとも、素晴らしい結果は無理だった」

【インディ500】アロンソ、気持ち切り替え「大いに楽しむつもりだ」

【F1】バンドーン、接触でペナルティ。次戦モナコで3グリッドダウン

【F1】アロンソ、地元7番手は”贈り物”。トラブルフリーの決勝望む

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース