【F1】アロンソ「燃費悪い、パワー&信頼性ないPUがレースを妨げる」

マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、ホンダのパッケージが抱えているいくつかの問題が、彼らのレースを妨げていると強調した。

 開幕戦オーストラリアGPのレース終盤でリタイアしたマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、ホンダのパッケージが抱えているいくつかの問題が、彼らのレースを妨げていると強調した。

「オーストラリアでは、今までにないほど燃費を気にしなければならなかった」とアロンソ。

「エンジンが改善しない限り、この先は僕たちは厳しいだろう」

「パワーがない上に、信頼性や燃費を気にしなければならない。(このマシンには)正常にドライブできない理由が多く存在している。僕たちはこれらの問題を抱えたエンジンを気に掛けながらレースする必要がある」

「こういったマシンを操縦するのはかなり難しいし、現状は厳しい。でも僕たちはチームを手助けするために全力を尽くしている」

「全てのレースでミスが許されないというのは難しいよ。なぜなら、ひとつのコーナーでミスすれば、遅れてブレーキをかけることになり、それがロックアップを引き起こす。それによって次のストレートに出遅れてしまうのだから。その時、他のライバルがスピード差をつけてオーバーテイクしてくるんだ。だから僕たちはミスが許されない」

 チームメイトであるストフェル・バンドーンは、開幕戦で優勝したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の2周遅れでフィニッシュしたものの、アロンソの意見に同調した。彼もまた、レース中に燃料の節約を努めなければならなかったことを明かした。

「相当の量の燃料を節約しなければならなかった」

「これが僕たちの限界とも言えるよ。理想的じゃない。大手のチームがどれほど燃料を節約しているのか、正確には知らないけど」

「オーストラリアはカレンダーの中で、厳しいトラックのひとつだったと思う。今週はどれほど燃料を節約しなければいけないのかやってみるよ」

目標を掲げる立場にない

 アロンソに対し、上海での見通しについて訊くと、彼は"寛容に"答えた。

「間違いなく難しく、タフなレースになるから、準備をしなければならない」

「上海には色々と不確定要素があるため、レースの展開を予測するのは難しいが、逆に、紙面の上で見えづらいレースほど、全てがうまくいったりするんだ」

「他のチームと比べて、僕らの準備が不足しているとは思わない。ただ僕たちのマシンはパワーが劣っているだけだ」

 上海を初めて走ることになるバンドーンは、マクラーレンがどのようなレースをするかを予測するのが難しいと語った。

「今回ここ(上海)を走るのは初めてだ。メルボルンとはかなり異なるコースレイアウトで、大きなストレートや高速コーナー、ロングコーナーなどがたくさんある。レースがどうなるかはわからないよ」

「今週末に関して、僕らは目標を設定できるような立場にいないと思う。とにかくじっと様子をみなければいけないんだ。良し悪しを判断するのは難しい。フリー走行でどうなるのかやってみよう」

【関連ニュース】

【F1】アロンソ、シーズン中盤でのマクラーレン離脱説を否定

【F1】アロンソ”生涯最高のレース”も「しばらくポイント獲得は無理」

【F1】ホンダ長谷川氏「アロンソのドライブは神業的だった」

【F1】バンドーン「完走は期待していなかった。ちょっとした成果だ」

【F1】マクラーレン、中国GPにユニークな”楕円形”Tウイングを投入

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース